NEW

パチンコ「約束された連チャン」を楽しめる!? 激熱システムの魅力を語る

【この記事のキーワード】,
パチンコ「約束された連チャン」を楽しめる!? 激熱システムの魅力を語るの画像1
「約束された連チャン」を楽しめるリミット機『P ROKUROKU 2400ちょい恐Ver.』

 セットもののパチンコが好きなんですよ。特定の手順を踏むとあら不思議、何もしていないのに大当りして連チャンが止まらない、のほうじゃありませんよ。大当りが決められた回数までしか連チャンしない、いわゆるリミット付きと呼ばれるタイプ。

甘デジ「確変なし・即転落」など変則スペックで登場

 あれでしょうね、出玉を連チャンの引きに左右されることに憤りを覚えて引き弱の宿痾で、それならはじめから誰が打っても大当り回数が決定しているほうが精神衛生上良いだろうってなもんです。

 古くは『ミルキーバー』や『ドンキホーテ』みたいな純度の高い権利物。それから『CR及川奈央のフルーツスキャンダル』のような超変則スペックだったり、『CRびっくりぱちんこ超電磁ロボ コン・バトラーV』といったセット当りがループする一発要素の高いマシンだったり、普通のデジパチにはない特殊なゲーム性に魅力を感じるのです。

 だから、広い意味でのセットタイプといえる「5回リミッター」も実は嫌いじゃなかったりします。業界人もファンも口を揃えて暗黒時代と言う気持ちがあまり理解できません。いやいや、けっこう面白かったじゃんと。

■P機のリミット機で魅力的なのはコレ!

 で、最近でいえば高尾の『P ROKUROKU 2400ちょい恐Ver.』がお気に入りです。よりパワーのあるミドルタイプもあるんですけど、通常時の演出にクセがあるので1/319の確率だとちょっと厳しい。

 とはいえ甘デジタイプでも『2400』。約400発の大当りが6回取れるボリューム感とリミット後の時短による引き戻しでさらなる上乗せも可能なスペックとなっています。

 ただ、リミット時短は90%以上が6回転になってしまうので、おまけ感が強いです。これもうちょっとリミット時短の振り分けなんとかなったらもっと評価されてたと思うんですよね。

 初当りで時短の振り分けがあるんで、ここは潔く確変取れなかったら時短なしにして、その分リミットのほうに配分してほしかったところです。あと、時短回数も「36回or66回or96回」とか3つもパターンいらなかったかも。

「66」回にこだわりを見せるでも十分成立しますよね。引き戻し率も50%近くになるので激アツのリミットブレイクを懸けた時短を展開できますよ。まあ、そんなところも高尾らしさ。

 リミットマシンはこれからもどんどん出てきてほしいですね。P機になってスペックやゲーム性が次のフェーズに移行した感もありますので、未知なる仕組みを携えた次世代のセットタイプを期待したい。

 そういえば「技術上の規格解釈基準」の改正で確変リミッターを2パターン搭載できることになりましたが、遊タイムやC時短ほど熱心に開発されていない印象で、いまのところ豊丸の『Pバーストエンジェル3』くらいですか。

 現在のトレンドとなっているのは1種2種混合機なんで「確変」リミットは後回しでしょうか。首を長くして待っています。

(文=大森町男)

<著者プロフィール>

 羽根物によってパチンコの魅力にとり憑かれ、パチンコ雑誌を製作する編集プロダクションに入社。パチンコに関する記事作りや編集業務に携わる。編集長としてファン雑誌の制作に取り組むなどの経験を活かし、その後は携帯サイトやweb、動画コンテンツなど幅広いパチンコメディアに従事。現在はフリーランスのパチンコライターとして活動。パチMaxを中心に消極的に執筆の場を広げている。

【注目記事】
パチンコ「GODインGOD」を彷彿させる激アツ展開! レジェンド連打の猛爆が炸裂!!
パチスロ「リバイバル」がテーマの「激甘」マシン…重要攻略要素がついに判明!!
甘デジ新台「電サポ残保留」が超激アツのゲーム性を継承!!

パチンコ「約束された連チャン」を楽しめる!? 激熱システムの魅力を語るのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合