NEW

JRA 2年目「新人2世騎手」に早くも正念場!? 無念の主戦降板から同期新人王が“一発回答”……弟デビューで示したい兄の貫禄

【この記事のキーワード】, ,
JRA 2年目「新人2世騎手」に早くも正念場!? 無念の主戦降板から同期新人王が一発回答……弟デビューで示したい兄の貫禄の画像1
角田大和騎手

 競馬界における2月・3月は別れの季節であり、新たな出会いの季節でもある。2月いっぱいで定年を迎えて引退する調教師がいる一方、3月からは新規開業の厩舎が動き出した。

 蛯名正厩舎開業も中身は藤沢和雄厩舎!?

 また、3月最初の開催から新人騎手がデビュー。今年は10人のルーキーが騎手人生のスタートラインに立った中、初週は障害専門の小牧加矢太騎手を除く9名がキャリアの第一歩を踏み出す予定だ。

 競馬学校を経ていない小牧騎手以外のJRA騎手課程38期生の9名の中で、成績優秀者に贈られる「アイルランド大使特別賞」を受賞したのが角田大河騎手(栗東・石橋守厩舎所属)。初週の乗鞍は8頭でいきなりの勝利にも期待がかかる。

 名前を見たときにピンと来た方もいるかもしれないが、父は2001年にジャングルポケットで日本ダービー(G1)を制すなど、JRA通算713勝を挙げた元騎手で、現在は調教師として通算238勝を記録している角田晃一師。すなわち、昨年デビューした角田大和騎手の弟ということになる。

 名前の3文字目までが「角田大」で一緒なので、今週から角田大和騎手は「角田和」、角田大河騎手は「角田河」の表記で出馬表に名前が掲載されることに。土曜の阪神2Rでは初の直接対決も予定されており、兄の大和騎手は所属する角田厩舎のシンギングロードに騎乗。自厩舎の馬で、父が手掛ける馬で弟に負けるわけにはいかない。「角田和=兄」という印象を競馬ファンの中に浸透させていくためにも、より一層の活躍が求められる。


先週、騎手として屈辱的な出来事が……

 プロ2年目にして早くも重要な局面がやってきた角田和騎手だが、実は先週のレースで大きな挫折を味わっている。

 先週土曜の小倉3Rを勝ち上がった角田厩舎のデアリングウーマンだが、直近4戦の成績が「3」→「3」→「2」→「2」とクラス卒業にメドを立てながらもなかなか勝ち上がれなかった。その4戦の人気も「2」→「1」→「1」→「1」と、人気を裏切り続ける結果が続いていた。

 このデアリングウーマンの主戦だったのが角田和騎手である。昨年4月から手綱を取り続け、6月には未勝利勝ちへと導いたものの、昇級後は壁にぶつかり、昨年12月以降は馬券圏内にこそ食い込みながら1着が遠い。先月13日のレースでは単勝1.8倍の支持を集めながら2着に終わっていた。

JRA 2年目「新人2世騎手」に早くも正念場!? 無念の主戦降板から同期新人王が一発回答……弟デビューで示したい兄の貫禄の画像2
小沢大仁騎手

 こうして迎えた先週のレースで、陣営はひとつの決断を下す。10戦続けて騎乗してきた角田和騎手ではなく、小沢大仁騎手を鞍上に手配したのだ。

 勝負事に家族の絆や情を持ち込むのは禁物だが、主戦を降ろすという選択、それも同期への乗り替わりというのは、角田和騎手にとっても、そして角田調教師にとっても、複雑な心境であったことは容易に想像できる。

JRA 2年目「新人2世騎手」に早くも正念場!? 無念の主戦降板から同期新人王が“一発回答”……弟デビューで示したい兄の貫禄のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  4. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  5. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  6. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリアにはもう騙されたくない!? 「違和感」拭えぬ前向きコメント…枠順や展開にも「不安要素」山積み
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊「最低人気」でゴールドシップに真っ向勝負…レジェンドが初体験の「屈辱」に見せた意地
  10. JRA宝塚記念(G1)兄弟対決に割って入るのは「父親」の超人気薄!? 非根幹距離巧者と狙う3度目の正直