NEW

パチスロ新規参入「第一弾」となった激レアマシン!! 今は亡きマイナーメーカー渾身の一台とは…

【この記事のキーワード】,
パチスロ新規参入「第一弾」となった激レアマシン!! 今は亡きマイナーメーカー渾身の一台とは…の画像1
知る人ぞ知るマイナー台!

 前回の記事では、5号機ARTでも屈指の名機である『新鬼武者』をご紹介しましたが、今回は打って変わって超マイナー&激レアパチスロ機であるハイライツ・エンタテインメント(当時はアイ電子)の5号機『SOLAR7』(2012年)を堪能してきました。

「極限の可能性」も話題…巨匠が描いた「もう一つの北斗」へ注目

 ハイライツといえば、シェア率は低いものの、ホールコンピューター(ホルコン)やメダルサンド、拡台計数機等の周辺機器を取り扱うメーカーであり、商品も低価格なことで知られていました。

 そんなハイライツは2015年、電子部品などを製造するアイ電子と合併したのですが、タッグを組んだアイ電子は、2012年の時点でパチスロ市場に新規参入しており、その記念すべき第一弾機種としてリリースされたのが、この『SOLAR7』でした。

 とはいってもこの『SOLAR7』、実際にパチンコ店で見かけたことのあるプレイヤーは一体どれくらいいるのでしょうか。アンケートを取ったら間違いなく少数だと思います。そもそも、試打したことすらない業界関係者もさぞや多いはず……。

 なぜなら、台をセールスする営業支店の店舗数が少なく、参入当初は代理店も極めて少なかったから。営業マンが実機を持ち歩いて全国行脚していたほどです。

 そもそも新規参入メーカーというのは少なからず話題になるものですが、この時はまったく注目すらならない状況で、非常に地味な参入だったなという印象。そんなわけですから、セールス的に厳しいのも納得といえます。

 曖昧な記憶ですが、本機を導入していたホールは、店舗サイト「P-WORLD」上でも数十店舗ぐらいだったと思います。加えて、1店舗あたりの導入台数は1~2台と超少数であることは容易に想像がつきますので、販売台数はトータルで100台にも満たなかった可能性大。となると、これはもう超のつく激レア台であることは必至です。

パチスロ新規参入「第一弾」となった激レアマシン!! 今は亡きマイナーメーカー渾身の一台とは…のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合