NEW

JRA「最後の未勝利戦」を敗れて中央追放からの逆転ホームラン! 武豊、期待のクラシック候補がダービーどころか目の前の1勝が遠い現実…中山記念(G2)最下位の消せない心の傷【週末GJ人気記事ぶった斬り!】

【この記事のキーワード】, ,

JRA「最後の未勝利戦」を敗れて中央追放からの逆転ホームラン! 武豊、期待のクラシック候補がダービーどころか目の前の1勝が遠い現実…中山記念(G2)最下位の消せない心の傷【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像1

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。今週も人気だった競馬記事を、下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!!

JRA 「本来の走りではない」武豊、期待のクラシック候補まさかの結果にガックリ……!? ダービー路線どころか目の前の1勝が遠い現実

JRA「最後の未勝利戦」を敗れて中央追放からの逆転ホームラン! 武豊、期待のクラシック候補がダービーどころか目の前の1勝が遠い現実…中山記念(G2)最下位の消せない心の傷【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像2
武豊騎手

デスク「Y」:いや~、3月になってから急に暖かくなったねえ。今週から新人調教師と騎手もデビューするし、まさに“馬春到来”だね。今週末は弥生賞(G2)とチューリップ賞(G2)でしょ? もうそんな季節かあ。

ライター「A」:レースで季節の到来を感じるのは、競馬ファンならではですよね。春のクラシックの足音が大きくなってくる時期ですが、同時に「クラシックの壁」に跳ね返された馬たちには厳しい現実が突きつけられます。先週の水仙賞(1勝クラス)で敗れたトゥデイイズザデイも、そんな1頭になるかもしれません。

デスク「Y」:あれ、その馬って今週の弥生賞で1番人気になる馬じゃ……。

ライター「A」:ドウデュースのことですか? 全然違うじゃないですか。

デスク「Y」:どっちも武豊騎手が主戦の期待馬だし「トウ」から始まるんだから、おじさんにしてみれば似たようなもんなんだよ。

ライター「A」:どこからツッコんでいいのかわからない。どうします? この話、もう終わりますか?

デスク「Y」:ごめんなさい、真面目に話します(泣)。それにしても、最近「ド」から始まる馬が急に増えたような気がするなあ。昔はドクタースパートくらいしか思いつかなかったのに。

ライター「A」:ドージマムテキっていましたよね? おそらくですけど、ドゥラメンテの産駒がデビューしてからじゃないですか?

デスク「Y」:ああ、確かにそうかも! サンデーサイレンスの時の「サンデー」みたいに「ドゥラ」が冠名みたいになってるんだよね。

ライター「A」:ちなみにトゥデイイズザデイはディープインパクト産駒ですし、ドウデュースはハーツクライ産駒なので、ドゥラメンテとは関係ないんですけどね。

デスク「Y」:全国のおじさんは頭を悩ませてると思うよ。見分けがつかないだけじゃないくて「ドゥラ」って名前が付くだけで、やたら強そうに聞こえるから。

ライター「A」:すっかり春の陽気にあてられてますね……。とてもではないですが、そんなので競馬ニュースサイトのデスクが務まるとは思えません。藤沢和雄先生ら調教師の皆さんも先週引退されましたし、デスクもご一緒にどうですか?

デスク「Y」:ダメ! 年金もらえるようになるまでは藁にすがってでも会社に残る!

ライター「A」:結局、トゥデイイズザデイの話全然できなかったなあ……。


JRA「最後の未勝利戦」を敗れて中央追放からの逆転ホームラン! 地方の怪物候補が海外重賞制覇を遂げたシンデレラストーリーに主戦騎手の評価急落?

ライター「A」:先週のサウジカップデーでは、日本馬が4勝を挙げる快進撃を見せました。

デスク「Y」:いやあ、凄かったね~。まさかあんなに勝っちゃうとは! 深夜まで起きててよかったよ。

ライター「A」:中でもリヤドダートスプリント(G3)に出走したダンシングプリンスは6馬身差の圧勝でした。

デスク「Y」:めちゃくちゃ強かったね。それにしてもウチは、あの馬を「地方からの怪物」って結構早い段階から取り上げてたよね。なんだか感慨深いなあ。

ライター「A」:正確には「地方に行って帰ってきた怪物」ですけどね。ただ、騎乗していたのがC.ルメール騎手だったので、主戦の三浦皇成騎手にとっては気が気じゃないでしょうね。

デスク「Y」:まあ、ルメール騎手が「良い馬ですね」って言ったら、そのまま乗り続けちゃうイメージだもんねえ。陣営にしても「No.1ジョッキーが乗ってくれるなら」って当然なるだろうし……。

ライター「A」:そんなこんなで「強奪」とか言われてますもんね。ただ、G1連敗が続いてる三浦騎手にとっては、数少ないG1が狙えるお手馬ですから。絶対に譲りたくないと思いますよ。

デスク「Y」:三浦騎手で連勝中だったし、さすがに大丈夫でしょ。でも、海外遠征をきっかけに降ろされて、そのまま……っていうケースは珍しくないもんなあ。まさかと思うけど、ダンシングプリンスの次走ってドバイ(ゴールデンシャヒーン)で、またルメール騎手じゃないよね?

ライター「A」:どうやら招待は受けていたようですが、脚元の状態を考慮して辞退したとか。もうすでに日本に戻っているはずですよ。

デスク「Y」:競馬ファンにとっては残念だけど、三浦騎手にとってはよかっただろうね~。 じっくり休んで、今年こそ三浦騎手にG1をプレゼントしてほしいな。

ライター「A」:イイ馬デスネ~(笑)

デスク「Y」:やめたげて……(笑)

JRA「最後の未勝利戦」を敗れて中央追放からの逆転ホームラン! 武豊、期待のクラシック候補がダービーどころか目の前の1勝が遠い現実…中山記念(G2)最下位の消せない心の傷【週末GJ人気記事ぶった斬り!】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  6. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声