NEW

JRA【弥生賞(G2)予想】マテンロウレオは「横山典弘だから」切り!? 武豊ドウデュースに盤石の信頼も、人気の割にオッズ期待の「隠れ穴馬」を狙い撃ち

JRA【弥生賞(G2)予想】マテンロウレオは「横山典弘だから」切り!? 武豊ドウデュースに盤石の信頼も、人気の割にオッズ期待の「隠れ穴馬」を狙い撃ちの画像1

 今回は皐月賞(G1)の最重要トライアルであり、クラシックホースを多数輩出してきた弥生賞ディープインパクト記念(G2)を予想していきたいと思う。

まず、いつも通り過去10年馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていく。
ホープフルS(ラジオNIKKEI杯2歳S含む) 8頭
朝日杯FS 6頭
若駒S(OP) 3頭
東スポ杯2歳S、きさらぎ賞、京成杯 各2頭
条件特別(1勝クラス) 2頭
条件戦(1勝クラス) 2頭
共同通信杯、京都2歳S、新馬戦 各1頭
となっている。やはりクラシックに直結するレースレベルの高いG2戦だけに、前走G1から参戦する馬が多いようだ。3歳重賞を使っての臨戦は、皐月賞の切符を狙うための参戦だろう。

続いて人気順の成績を見ていきたい。
1番人気 3-2-1-4
2番人気 3-2-2-3
3番人気 0-1-2-7
4~6番人気 2-3-4-21
7~9番人気 2-1-0-27
10番人気以下 0-1-1-24
となっている。1番人気が好走している印象が強いのだが、思ったより数字は控えめだ。3番人気は信用できないが、上位人気と中穴馬の組み合わせで狙うのが良さそうな傾向だ。

JRA【弥生賞(G2)予想】マテンロウレオは「横山典弘だから」切り!? 武豊ドウデュースに盤石の信頼も、人気の割にオッズ期待の「隠れ穴馬」を狙い撃ちの画像2
ドウデュース 撮影:Ruriko.I

 これらを踏まえて「◎」は7番ドウデュースとする。

 前走は朝日杯FS(G1)。評判馬が揃った中で、中団から抜け出し後続を振り切って勝利を収めた。

 前走こそマイル戦を使っているが、新馬戦と続くオープン戦はともに1800mで、血統面から考えても距離延長は大歓迎なはず。1800m戦では、それほど優秀なタイムで勝ってきてはいないが、朝日杯は評価できる時計での勝利。速い時計の勝負でも対応できると見ている。

 陣営もレースセンスの良さには太鼓判を押しており、やはり距離延長は歓迎としている。昨年のホープフルS(G1)は重賞勝ち馬がわずか1頭で、その1頭が大敗するというレースレベルの低さが疑われる。それだけにハイレベルだった朝日杯FSの勝利は、今回のメンバー中でも頭ひとつ抜けた存在と言えるだろう。人気の中心になることは間違いないが、押さえないわけにはいかない。


「○」は、そのレースレベルが疑わしいホープフルSで3着した8番ラーグルフを推す。

 平均ペースで流れたレースで、勝ったキラーアビリティは3番手から直線抜け出して後続を完封している。一方、中団から直線よく伸びてきたのがこのラーグルフだ。

 2戦続けて今回と同コースを走って好成績を収めていることと、タイムも決して悪くないことがポイント。2走前の芙蓉S(OP)の勝ちタイムはホープフルSの勝ちタイムに0.3秒ほど遅れているが、この差は2着に入ったジャスティンパレスとほぼ同じ。ひとまず前走では実力通りに走れたということだろう。

 レースレベルに疑問符は付いてもG1 ・3着の成績はそれなりに重い。その割に今ひとつ人気にならなそうなので、ここは狙い目の1頭と言えるだろう。


「▲」は6番ボーンディスウェイを挙げる。

 前走は同じくホープフルS。こちらは終始番手に付ける競馬だったが、直線で粘りきれず5着だった。

 着順は○ラーグルフの方が上で、それも踏まえてこちらは印をひとつ下げたのだが、注目すべきは2走前の葉牡丹賞(1勝クラス)。1000m通過61.6秒のスローで逃げて、直線でも粘りきっての勝利だったが、勝ちタイムがホープフルSと同じ。格下のレースでG1と同タイムで勝てたということはポテンシャルが非凡であるからこそ。

 陣営もコースとの相性の良さとデキの良さを強調しており、ここは素直に受け取ってもいいのではないか。こちらも前走の負けで思いのほか人気がなさそうなので、押さえて損のない1頭のはずだ。

JRA【弥生賞(G2)予想】マテンロウレオは「横山典弘だから」切り!? 武豊ドウデュースに盤石の信頼も、人気の割にオッズ期待の「隠れ穴馬」を狙い撃ちのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合