NEW

JRA「お試し騎乗」武豊に非難轟々!? チューリップ賞(G2)ウォーターナビレラ「前壁」不完全燃焼5着に、弥生賞(G2)ドウデュースも心配?

【この記事のキーワード】, ,
JRA武豊「お試し騎乗」に非難轟々!? チューリップ賞(G2)ウォーターナビレラ「前壁」不完全燃焼5着に、弥生賞(G2)ドウデュースも心配?の画像1
ウォーターナビレラ 撮影:Ruriko.I

 5日、阪神競馬場で行われた桜花賞トライアル・チューリップ賞(G2)は、1番人気のナミュールが勝利。同じく1番人気に支持された昨年の阪神ジュベナイルF(G1)で敗れた鬱憤をまずは1つ晴らした格好だ。

「日曜に分かる」ナミュールと勝利宣言!?

 やはり超大物だった。昨年の阪神JFではスタートで大きく出遅れて4着だったが、この日は課題をクリアして中団からの競馬。最後の直線で外に持ち出されると、あっさりと抜け出し、2歳女王サークルオブライフらを寄せ付けず。クラシック第1弾・桜花賞(G1)の「主役」を決定づける快勝劇だった。

 一方、実力を出し切れないまま終わってしまったのが、5着に敗れた3番人気ウォーターナビレラ(牝3歳、栗東・武幸四郎厩舎)だ。

 15頭立てで行われた芝1600mのレース。好スタートを決めたウォーターナビレラは一瞬ハナに立ったものの、武豊騎手はあえて控える競馬を選択。先手を主張する馬たちを行かせると、この日は好位からの競馬となったサークルオブライフらも先に行かせた。

 隊列の2、3列目で迎えた最後の直線。前を走っていたサークルオブライフが外に進路を取ったので、空いた内のスペースに潜り込んだウォーターナビレラ。しかし、結果的にはこれが仇となった。1頭分通れる進路はあったが、先にピンハイに入られたところで進路を失うアクシデント……。

 結局、まともに追えたのは残り200mを切ってからだった。

 不完全燃焼のレースだっただけに、レース後SNSや掲示板などでは「何故、下げた?」「前壁とか、負けに行ってるようにしか」「トライアルだし、やる気なし」など武豊騎手の騎乗に対して疑問の声が続々……。中には「桜花賞は別の騎手で」「もう乗らないでほしい」などといった厳しい声もあった。

 

■弥生賞(G2)の大本命ドウデュースは大丈夫か

「元JRA騎手の安藤勝己さんもTwitterで『(サークルオブライフとは)真逆のお試しで次は行くと思う』と発信されていましたが、ウォーターナビレラは昨年のファンタジーS(G3)を勝って、すでに(桜花賞へ出走できる)賞金も確保していますし、武豊騎手としても今回はトライアルの競馬に徹したんじゃないでしょうか。

前走の阪神ジュベナイルFでは、番手から抜け出す必勝パターンに持ち込み、最後の直線でも1度は先頭に立っての3着。サークルオブライフの切れ味に屈した格好になりました。

だからこそ、この日はあえて中団から競馬して末脚勝負でどこまで戦えるかを試したんだと思います。ただ、せっかく脚を測りたかったのに最後の直線で行き場を失ってしまったのは、ちょっともったいなかったですね」(競馬記者)

 ただ、その上で気になるのは明日の弥生賞(G2)で、武豊騎手が騎乗するドウデュースではないだろうか。朝日杯フューチュリティS(G1)を勝った本馬も当然、この日のウォーターナビレラと同じく特に優先出走権が必要な馬ではない。

JRA「お試し騎乗」武豊に非難轟々!? チューリップ賞(G2)ウォーターナビレラ「前壁」不完全燃焼5着に、弥生賞(G2)ドウデュースも心配?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合