NEW

JRA【金鯱賞(G2)展望】「超新星」ジャックドールVS「女王」レイパパレ&アカイイト!豪華メンバー集結もギベオンが昨年の「再現」狙う?

【この記事のキーワード】, ,

JRA【金鯱賞(G2)展望】「超新星」ジャックドールVS「女王」レイパパレ&アカイイト!豪華メンバー集結もギベオンが昨年の「再現」狙う?の画像1

 13日、中京競馬場では大阪杯(G1)の前哨戦・金鯱賞(G2)が行われる。昨年は三冠牝馬のデアリングタクトが出走し、まさかの2着という波乱があった。今年は一転、抜けた存在はいないが、ハイレベルな好メンバーがそろった。混戦を断つのは果たしてどの馬か。

 G1勝ち馬を差し置いて、重賞初出走のジャックドール(牡4歳、栗東・藤岡健一厩舎)が主役を務める。

 デビューから芝2000mだけを使われ8戦5勝。昨春のプリンシパルS(L)で5着に敗れた時点では単なる1勝クラスの馬だった。

 ところが夏の休養期間中に急成長を遂げたのか、秋初戦となった9月の中京で1勝クラスを勝利すると2勝クラス、3勝クラス、そして前走の白富士S(L)まで怒濤の4連勝。特に近3走は後続に並ばれることなく逃走Vを飾っている。

 初めての重賞挑戦はG1馬を含めて重賞勝ち馬が多数。相手は一気に強化されるが、昨年の皐月賞(G1)4着馬アドマイヤハダルを寄せ付けなかった前走が良化途上だったということから、5連勝での大阪杯出走も夢ではないだろう。

 鞍上は全5勝を挙げている藤岡佑介騎手。以前から父の管理馬でG1制覇することが大目標と公言してきたが、ここで勝利を挙げれば、そこに大きく近づくことになる。

 4連勝中の上がり馬を迎え撃つのはG1勝利の経験がある牝馬2頭だ。

 1頭目は、昨年の大阪杯をデビューから無傷の6連勝で制したレイパパレ(牝5歳、栗東・高野友和厩舎)。コントレイル、グランアレグリアなど強豪馬を相手に、影をも踏ませぬ鮮やかな逃亡劇を演じた。

 ただし、その後は4戦して3、4、6、6着と成績は下降線をたどっている。前走・香港C(G1)はC.スミヨン騎手を背に巻き返しを期待されたが、スタートで後手を踏むと、道中は馬群の中を追走。「コーナーで不利があった」というスミヨン騎手の言葉もあったように、ややスムーズさを欠いての敗戦だった。

 今回の鞍上はオールカマー(G2)以来のコンビとなる川田将雅騎手が務める。このまま尻すぼみで終わってしまうのか、それとも反撃の狼煙を上げる一戦となるのか。大阪杯連覇へ向けて、鞍上の手綱さばきにも注目が集まる。

JRA【金鯱賞(G2)展望】「超新星」ジャックドールVS「女王」レイパパレ&アカイイト!豪華メンバー集結もギベオンが昨年の「再現」狙う?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合