NEW

JRA 引退ラッシュ「被害者」C.ルメールも、川田将雅も、福永祐一も完全にお手上げ!? 2022年春G1の主役は「4戦連続1番人気」濃厚のあのジョッキー

【この記事のキーワード】, ,

JRA 「引退ラッシュ被害者」C.ルメールも、川田将雅も、福永祐一も完全にお手上げ!?  2022年春G1の主役は「4戦連続1番人気」濃厚のあのジョッキーの画像1

 先週チューリップ賞(G2)、弥生賞(G2)というクラシック第1弾の王道トライアルを経て、ようやく今年の春G1の勢力図が見えてきたファンも多いのではないだろうか。

 今年2022年は競馬界にとって、まさに「新時代の幕開け」と述べても過言ではない。昨年、実に多くの名馬が引退し、各路線の勢力図が一気に入れ替わったからだ。

 ちなみに昨年の引退ラッシュがどの程度のものだったのか。下記にカテゴリーごとに分けて、主な引退馬を記載してみた。※()は主なG1勝利

■古馬王道路線
コントレイル(三冠)
クロノジェネシス(有馬記念、宝塚記念)
ラヴズオンリーユー(オークス、香港C)
ワールドプレミア(菊花賞、天皇賞・春)
キセキ(菊花賞)
ブラストワンピース(有馬記念)

■マイル路線
グランアレグリア(安田記念、マイルCS)
インディチャンプ(安田記念、マイルCS)
ダノンプレミアム(朝日杯FS)
ダノンキングリー(安田記念)
ペルシアンナイト(マイルCS)

■スプリント路線
ダノンスマッシュ(高松宮記念、香港スプリント)
セイウンコウセイ(高松宮記念)
モズスーパーフレア(高松宮記念)
ダノンファンタジー(阪神JF)

 枚挙に暇がないことから上記の記載はG1馬だけに留めたが、これだけを見ても各カテゴリーの勢力図に大きな変化が起こっていることは火を見るよりも明らか。

 それはつまり、これから開幕する春のG1戦線に大きな影響を与えていることにもなる。各路線の「王者」が去った以上、今年の春は3歳クラシックを含めた各路線で新たな時代が幕を開けるはずだ。


新時代の覇権を握るジョッキーは?

 では、そんな新時代の主導権を握る「ジョッキー」は誰になるのだろうか。

 昨年のG1戦線も、やはりリーディング上位5傑となるC.ルメール騎手、川田将雅騎手、松山弘平騎手、福永祐一騎手、横山武史騎手が大きな存在感を示した。

 現在JRAでは年間23の平地G1が行われているが、上記5人が18という大半をシェア。すでに福永騎手がG1開幕戦のフェブラリーSを勝っているように、今年もリーディング上位騎手が中心になることは間違いない。

 だが、その一方で昨年の引退ラッシュは、彼らに確実な“ダメージ”を被らせたようだ。

 特にクロノジェネシス、グランアレグリアの両輪を失ったルメール騎手は、今年ここまでJRA重賞未勝利と大苦戦……。春のG1戦線へ早くも暗雲が立ち込めている。

 一方で、川田騎手も上記4頭が該当するダノン軍団の主戦というだけで、大きな戦力ダウンを迎えていることは明らか。また福永騎手も生涯最高のパートナーだったコントレイルに別れを告げただけでなく、インディチャンプの引退もまた大きいと言えるだろう。

JRA 引退ラッシュ「被害者」C.ルメールも、川田将雅も、福永祐一も完全にお手上げ!? 2022年春G1の主役は「4戦連続1番人気」濃厚のあのジョッキーのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合