NEW

JRA金鯱賞(G2)「逃げない」ジャックドールに賛否の声!? 陣営「どこかで変えなきゃ」進化追求も、気になる無敗6連勝でG1制覇したあの馬の二の舞

【この記事のキーワード】, ,

JRA金鯱賞(G2)「逃げない」ジャックドールに賛否の声!? 陣営「どこかで変えなきゃ」進化追求も、気になる無敗6連勝でG1制覇したあの馬の二の舞の画像1

 13日に中京競馬場で行われる金鯱賞(G2)。2017年に大阪杯がG1昇格を果たして以降、前哨戦として年々重要度が高まっているレースだが、今年も好メンバーが顔をそろえた印象だ。

 中でも、競馬ファンから最も熱い視線を集めているのが、4連勝中のジャックドール(牡4歳、栗東・藤岡健一厩舎)ではないだろうか。

 遅れてきた大物4歳がエフフォーリアに急接近!?

 前走の白富士S(L)でアドマイヤハダル、グラティアス、ディープモンスターといった昨年のクラシックを賑わせた同世代を蹴散らしたジャックドール。「遅れてきた大物」として一気に注目度が高まり『netkeiba.com』の事前予想では、レイパパレらG1馬を差し置いて1番人気に予想されている。

 今回が重賞初挑戦となるが、逆に言えば、ここで結果を出さなければ大阪杯出走が厳しいものになる。先週のチューリップ賞(G2)も弥生賞(G2)も、賞金的に「結果」が必要だったナミュールとアスクビクターモアが“答え”を出した。新星ジャックドールも5連勝でエフフォーリアらが待つ大阪杯出走が期待されているというわけだ。

 だが、その一方で本馬を管理する藤岡調教師の「どこかで脚質は少し変えなきゃいけないとも考えています」という発言は気になるところだ。


藤岡調教師「ここから先、このまま逃げ切りで勝つのは難しい」

『netkeiba.com』で連載中の『今週のFace』に登場した藤岡調教師。詳細はぜひ本インタビューをご覧いただきたいが、話題の中心はやはり今週の金鯱賞へ出走する「遅れてきた大物」だった。

 近3走を、すべて逃げ切りで3連勝を飾っているジャックドール。特に前走の白富士Sで記録した1:57.4は現条件で行われるようになった2000年以降で最速。同舞台で開催され、昨年はエフフォーリアが勝利した天皇賞・秋(G1)でさえ1:57.9だったのだから、その逃げが織りなすスピードは、すでにG1を意識できるものだ。

 だが、藤岡調教師は「ここから先、重賞や大きいレースになるほど、このまま逃げ切りで勝つのは難しい」とジャックドールに脚質転換も含めて、さらなる進化を求めている。

 無論、過去に桜花賞(G1)や高松宮記念(G1)を制し、JRAでも通算542勝(7日現在)を挙げる一流調教師の方針だけに、大目標のG1を勝利するためには今後ジャックドールがさらなる進化を遂げる必要があるのだろう。

 しかしその反面、競馬に限らず、すでに一定の成果が出ているものに変更を加えることには、当然ながらリスクも付き纏う。

JRA金鯱賞(G2)「逃げない」ジャックドールに賛否の声!? 陣営「どこかで変えなきゃ」進化追求も、気になる無敗6連勝でG1制覇したあの馬の二の舞のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合