NEW

JRA因縁オーナーの「恩情采配」を裏切った騎手に賛否。1番人気の必勝態勢も、裏目に出た「アウトインアウト」で痛恨の敗戦

【この記事のキーワード】, ,

JRA因縁オーナーの「恩情采配」を裏切った騎手に賛否。1番人気の必勝態勢も、裏目に出た「アウトインアウト」で痛恨の敗戦の画像1

 6日、阪神競馬場で行われたメインレースの大阪城S(L)は、幸英明騎手の5番人気アルサトワが勝利。前走の但馬S(3勝クラス)に続く連勝でオープン昇級初戦をモノにした。

「昇級戦でどういう競馬をしてくれるかと思っていました。ワンターンの1800mはイメージがなかったですが、強かったです」

 レースを振り返った幸騎手のコメントから、得意舞台と考えてはいなかったようだが、鞍上の想像を上回るパフォーマンスで期待に応えてくれたということだろう。

 武豊「他の馬がモタモタ……」責任転嫁でM.デムーロに“恨み節”も……

 これに対し、ゴール前で猛追を見せながら2着に敗れてしまったのが、1番人気に支持された津村明秀騎手とカレンシュトラウス(牡5、栗東・平田修厩舎)のコンビだ。

 前走の東京新聞杯(G3)は、休み明けながら強敵相手に4着に好走。メンバーが楽になる今回は、春のG1を見据える上でも負けたくなかったレースである。

 そしてこれは、鈴木隆司オーナーから素質馬の鞍上を託された津村騎手にとっても同じことが言えただろう。

カレンシュトラウス陣営にとって痛恨の敗戦

 12頭立てで争われた阪神の芝1800m戦。大外12番枠からまずまずのスタートを決めたカレンシュトラウスだが、津村騎手は一旦下げて内へ潜り込む競馬を選択する。3~4コーナーに掛けて加速するも、前の馬に接触しそうになって外へと移動。その後も進路を確保できないまま、結局最後は大外へ持ち出して追い出さざるを得なくなった。

JRA因縁オーナーの「恩情采配」を裏切った騎手に賛否。1番人気の必勝態勢も、裏目に出た「アウトインアウト」で痛恨の敗戦の画像2
津村明秀騎手

「最後は良い脚を使ってくれました。外枠では厳しいと思ったので、ロスなく内に入れて、4コーナーまでは上手くいきました。しかし向かい風が強くて、それで止まってしまうような感じになりました」

 敗戦を振り返った津村騎手だが、パートナーが繰り出した末脚は上がり3ハロン2位を0秒6上回るメンバー最速の33秒8。向かい風は他馬も同じ条件であり、このコメントは苦しい弁明にさえ聞こえてしまう。

「焦らずに我慢していればイン突きに成功していた可能性があります。ただ、結果的に失敗して余計なロスが生まれただけですから、最初から外でよかったと言われても仕方がありません。

加速しながらコーナーを回った関係で膨れて外に切り替えましたが、皮肉にもその後にスペースが出来ていたんですよ。インを狙ったのはおそらく作戦でしょうけれど、勝負を焦ったことが裏目に出てしまいましたね」(競馬記者)

JRA因縁オーナーの「恩情采配」を裏切った騎手に賛否。1番人気の必勝態勢も、裏目に出た「アウトインアウト」で痛恨の敗戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合