NEW

JRAダートの怪物候補が「24馬身半差」の快進撃! 持っている福永祐一の強運、「懸念」となるのはダート王との板挟み?

【この記事のキーワード】, ,
JRAダートの怪物候補が「24馬身半差」の快進撃! 持っている福永祐一の強運、「懸念」となるのはダート王との板挟み?の画像1
福永祐一騎手

 ダート界に登場した大物の勢いが止まらない。

 6日、中山競馬場で開催された10R総武S(OP)を制したバーデンヴァイラー(牡4、栗東・斉藤崇史厩舎)は、今後も名前を覚えておきたい1頭だ。

「内枠だったので、逃げる形を取りました。強かったです。最後まで集中して走っていました」

 横山一家で「同士討ち」がマテンロウレオ惨敗の決定打!?

 レースをそう振り返った福永祐一騎手だが、最後の直線でムチすら入らない楽勝だった割には比較的あっさりとしたコメント。パートナーの力を信じていた鞍上にとっては、それほど驚くことではなかったのかもしれない。

 本馬を管理する斎藤調教師も「3コーナーで手応えが怪しくなったり、気難しいところがありますが、力のあるところを見せられました」と評した辺り、陣営としては予定通りの勝利だったということだろう。

怪物候補がダートで破竹の快進撃

 単勝1.6倍という圧倒的1番人気に支持されたのも無理はない。

 一昨年の10月京都に芝1800m戦でデビューして3着。後方から見どころのある末脚を見せていたものの、驚異的なポテンシャルの高さを発揮したのは、2戦目にダートを使われたのがきっかけだった。

 2戦目の未勝利戦で6馬身差の圧勝を飾ると、続く3戦目の1勝クラスを9馬身差の大楽勝。4戦目こそ不良のダートで前残りを許したが、2勝クラスから3連勝でトントン拍子のオープン入り。昇級の壁も問題なく突破し、ダート5勝で2着馬につけた着差は合計24馬身半である。ダートの怪物候補の次なる目標は、重賞での力試しとなりそうだ。

「逃げ馬という訳でもないですから、スピードの違いでハナに立った感じでした。陣営のコメントによると、気性的に少し気分屋なところもあるようですから、相手が強くなるこれからの課題ですね。

それにしても福永騎手はいい馬に巡り合いましたねえ。もしかすると乗せてもらえなかったかもしれない馬でしたが、様々な条件がコンビ結成を後押ししたように感じてしまいます」(競馬記者)

JRAダートの怪物候補が「24馬身半差」の快進撃! 持っている福永祐一の強運、「懸念」となるのはダート王との板挟み?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合