NEW

パチスロ「一撃5000枚クラス」の出玉が頻発…既存最強AT機の“超重要”設定差が発覚! 特定チャンス役出現時はその後の挙動に要注目!!

【この記事のキーワード】,

パチスロ「一撃5000枚クラス」の出玉が頻発…既存最強AT機の超重要設定差が発覚! 特定チャンス役出現時はその後の挙動に要注目!!の画像1

 一撃で5万枚突破の猛爆もあり。サミーの伝説タイトル『アラジンA』は4号機時代の全盛期を支えた、爆裂AT機のひとつだ。

最悪の展開でも「ヒキで勝利」が可能!?

 1月吉日にホール導入を開始した『アラジンAクラシック』は、そんな名機の優秀遺伝子を色濃く受け継いだマシンで、ホールでは有力区間突破の「一撃5000枚クラス」の大量出玉を吐き出すことも珍しくない。

 出玉増加の主軸を担うのは1G純増約2.9枚のAT「アラジンチャンス(AC)」。このACへの足掛かりとなるのは「AC高確率」で、ここでAC当選→準備状態移行→AC当選(25G以内)と段階を踏むことで、ショート・ロング・超ロングと3種類ある「状態」へ昇格する。

■肝心の「AC高確移行率」に大きな設定差が‼

 AC高確率への主な移行契機は、単チェリーとチャンス目。これら成立時のAC高確率移行割合には『アラジンA』と同じく設定差があり、単チェリーとチャンス目Aは設定1:37.5%、設定2:39.8%、設定3:42.2%、設定4:46.9%、設定5:51.6%、設定6:55.5%、チャンス目Bは設定1:19.9%、設定2:21.9%、設定3:23.4%、設定4:26.6%、設定5:30.1%、設定6:33.6%となる。

 最も数値差があるのはチャンス目Bだが、こちらの出現率は全設定共通2048.0分の1と低く、有用性は低い。出現率138.0分の1~123.9分の1の単チェリーと、出現率819.2分の1のチャンス目Aをメインに挙動をチェックしよう。

 また、本機はゲーム数消化によるAC高確率移行抽選も行われ、AC終了後100G・200・300G消化時の移行率には設定1:1.6%~設定6:10.2%と大きな設定差がある。こちらもある程度のサンプルが集まれば、押し退きの判断材料のひとつとして大いに活用できる。

 ちなみに、400G・600G・800G・1,000G消化時のAC高確率移行率は全設定共通20%。最大天井は通常時1,200G消化で、AC当選のみならず状態移行も濃厚となる。

パチスロ「一撃5000枚クラス」の出玉が頻発…既存最強AT機の超重要設定差が発覚! 特定チャンス役出現時はその後の挙動に要注目!!の画像2
サミー公式HPより

 他の設定推測要素について述べると、本機は通常時のビッグ出現率に設定差があり、とりわけチャンス目Aからのビッグ当選割合は設定1:0.8%~設定6:7.8%と数値差特大。ただし、状態準備及び状態中のそれは設定1:19.4%~設定6:23.4%と大幅アップ&数値差が微小なので、サンプルから除外しよう。

 なお、本機はAC開始時にもビッグ抽選が行われ、AC2連目は19.9%、5連or7連目には25.0%で当選する。契機を問わずビッグ当選=AC確定で、消化中は弱チャンス役の0.8%、強チャンス役の30.0%でACストックへと繋がるほか、必ずACがストックされるBAR絵柄揃いは左上がり揃いでスーパーAC以上に大きな期待が持てる。

【注目記事】
パチスロ「史上最高のビッグ確率がウリのBタイプ機」~4号機名機伝説~ 『ロイヤルタカシーRT』編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.84】
破格の初期ATゲーム数「100G」と納得のリアルボーナスが融合… パチスロ5号機時代の名機が新たなゲーム性で再臨
甘デジ新台「確率1/89.9」で超スピード&大連チャンを味わえる!!

パチスロ「一撃5000枚クラス」の出玉が頻発…既存最強AT機の“超重要”設定差が発覚! 特定チャンス役出現時はその後の挙動に要注目!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合