NEW

JRA M.デムーロ「奇策」からの「自滅」にファンも困惑!? 弥生賞(G2)1時間前の成功例が生んだ大誤算とは

JRA M.デムーロ「奇策」からの「自滅」にファンも困惑!? 弥生賞(G2)1時間前の成功例が生んだ大誤算とはの画像1
M.デムーロ騎手

 6日、中山競馬場で行われた弥生賞ディープインパクト記念(G2)。主役は何と言っても武豊騎手の1番人気ドウデュース。デビューから3連勝で昨年の朝日杯FS(G1)を制し、無敗のままクラシックに挑めるかにも大きな注目が集まっていた。

「ここでロジハービンが最後方からグーンと動いていきました!」

 レース実況でもそう触れられたのは、向こう正面から3コーナーにかけて最後方からの大捲りを開始し、一気に3番手まで押し上げる「奇策」に打って出た6番人気ロジハービン(牡3、美浦・国枝栄厩舎)とM.デムーロ騎手のコンビだった。

 武豊ドウデュースに「手応えあり」もレースレベルに不安

 隊列に大きな動きのなかった展開に一石を投じるべく、道中から積極的に動いていったデムーロ騎手だったが、4コーナー手前で少し後ろに下がり始めたロジハービンにすかさず右鞭を一発入れるも反応がない。最後の直線に入っても、馬が力尽きているのか、鞍上も激しく追うことはなく7着に沈んだ。

 レース後、一見「中途半端」とも取れるデムーロ騎手の騎乗ぶりに、ネット上の掲示板やSNSなどでは「何がしたいんだ」「捲りきってほしかった」「最後まで追わないのはなぜ?」など様々な疑問の声が上がった。

 しかし、その後パトロールビデオがひとたびアップされると、ネット上の掲示板は急展開を見せ、激しい討論が繰り広げられた。どうやらデムーロ騎手の奇策は、単なる捲りというわけではなかったようだ。

■パトロールビデオで分かったこと

「パトロールビデオを見ると、ロジハービンが向こう正面を過ぎた辺りで行きたがる素振りを見せ、鞍上のデムーロ騎手は馬の気分に任せてそのまま一気に捲っていきました。そして3コーナーのカーブでドウデュースの進路を塞ぐように外側から被せに行き、そこで一度押し上げを止めて徹底マークに切り替えているようにも見えます。

これを嫌った武豊騎手が一度後退する場面がありましたが、そこはまさに仕掛けどころでした。最後は2着まで差して来ましたが、後退せずに進出できていれば……。

無敗だったドウデュース陣営にとっては勝てるレースを落としたという感じもします。レース後には武豊騎手も『勝って本番に行きたかった』と悔しそうなコメントを残していますし、周りに掻き乱されなければ結果は違っていたかもしれません」(競馬誌ライター)

 後方から一気に先頭まで捲ることなく、途中で有力馬のマークに切り替えるといった戦法にでたデムーロ騎手だったが、実は同じような場面が当日の9Rにあった。

JRA M.デムーロ「奇策」からの「自滅」にファンも困惑!? 弥生賞(G2)1時間前の成功例が生んだ大誤算とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合