NEW

JRA弥生賞敗戦ドウデュースに忍び寄る「マイラー疑惑」の影、武豊「許容範囲内」「距離延長問題なかった」も……致命的な「ビハインド」が浮き彫り

【この記事のキーワード】, ,
JRAドウデュース敗戦に「マイラー疑惑」も浮上……人気を裏切った馬に意外な共通点、対イクイノックスで致命的な「ビハインド」が浮き彫りの画像1
ドウデュース 撮影:Ruriko.I

 6日、中山競馬場で開催された弥生賞ディープインパクト記念(G2)を制したのは、出走メンバーで唯一のディープインパクト産駒だったアスクビクターモア(牡3、美浦・田村康仁厩舎)だった。

 デビューから無敗の3連勝で昨年の朝日杯FS(G1)を優勝したドウデュース(牡3、栗東・友道康夫厩舎)は、1番人気に支持されたものの、先に抜け出していた勝ち馬を捉えることが出来ずにクビ差の2着に敗れ、初めて土がついた。

 武豊ドウデュースに「手応えあり」もレースレベルに不安

 連勝がストップしてしまったことは残念だが、道中でスムーズさを欠いたことも敗因の一つと考えられるため、休み明けのトライアルとしては悪くない結果にも思える。

「勝って本番へ向かいたかった。残念です」

 敗戦を振り返った武豊騎手は、「道中は少し行きたがったが、これは許容範囲内でしょう。距離延長も問題なかった」と前向きなコメントを残した。

 とはいえ、不覚を取った相手は2頭が直接対決した昨年のアイビーS(L)で負かしていたアスクビクターモア。前走で1勝クラスを勝ち上がったばかりの馬に大金星を献上してしまったことに胸中は複雑だろう。

 この経験が本番となる皐月賞(G1)に繋がればいいのだが、格下相手に意外とあっさり負けたようにも感じられるのは単なる気のせいだろうか。なぜなら直行組や他ステップを選択した馬との力関係が見劣る可能性が出て来たからだ。

トライアル組VSその他の力関係

 個人的には競馬界の第一人者である武豊騎手と、その熱烈なファンとして知られるキーファーズのコンビが送り出したドウデュースが、直行ではなくトライアルを挟んだことは歓迎したい気持ちもある。

 ただ、近年のノーザンファーム系クラブ馬による使い分けや、長距離戦を軽視するかのような使われ方を少なからず好意的に見ていない当方の立場も否定しきれない。それだけに、最近のトレンドから外れても、弥生賞から本番に向かうローテーションを選択したドウデュースへの期待も大きかった。

 しかし、許容範囲の敗戦といえども、同馬への危惧が現実となったことも事実。その伏線として注目したいのは、昨秋の東京競馬場で行われた2歳戦の明暗である。以下は主だったレースの一覧。

JRA弥生賞敗戦ドウデュースに忍び寄る「マイラー疑惑」の影、武豊「許容範囲内」「距離延長問題なかった」も……致命的な「ビハインド」が浮き彫りのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合