NEW

パチンコ「10万発を軽々と達成」の激熱ジャンル!? ビックリ驚きの名機を実戦!!

パチンコ「10万発を軽々と達成」の激熱ジャンル!? ビックリ驚きの名機を実戦!!の画像1
『正にビックリパチンコ!』と思わされた傑作!

 世界的な人気を誇る日本のアニメーションですが、その中でも人気のカテゴリーのひとつにロボットものがありますよね。中でも1970年代に生まれ大人気となったのが『スーパーロボット』と呼ばれるジャンル。

パチンコ新台「2回以上の大当り約束!?」天国モード搭載

 有名どころには『マジンガーZ』や『ゲッターロボ』等があります。これらは遊技機としてタイアップ化されたタイトルですが、今回は同様に大人気だったスーパーロボットのタイアップ機である京楽『CRびっくりぱちんこ超電磁ロボ コン・バトラーV』(2012年)を楽しんできました。

 当時はロボット玩具である『DX超合金』を持っていた友達が羨ましくて、あの手に持つとずっしりと重い感じがたまらなかったですね。最近は復刻版が『超合金魂』として販売されているのですが、今度は子供の玩具から大人向けの玩具となり高級化されています。 

 価格も平気で数万円はするので、結局今になっても中々手が届かないのは非常に悲しい限りですね。 話を戻しますがロボットアニメも、実に多くのタイトルが遊技機としてリリースされております。

 過去にヒットしたロボットものタイアップには『聖戦士ダンバイン』等がありますが、10万発オーバーを軽々と達成している『PF機動戦士ガンダムユニコーン』が現在も好稼働中なのが非常に印象的です。

 ですが今回のコンバトラーVといえば、時期的には大ヒット機である『CRぱちんこ必殺仕事人Ⅳ』と『CRぱちんこAKB48』の間にリリースされた機種。当時はかなり勢いのあった京楽だけに、この機種のリリースには少々驚きました。

■『正にビックリパチンコ!』と思わされた傑作!

 盤面のデザインも昭和のハネモノのようなチープさと、京楽らしからぬ巨大ロボギミックにも度肝を抜かれましたね(あえて狙っているのでしょうけど)。 

 私の中でロボットものの巨大ギミックといえば『三共』なんですが、三共製と見紛うほどの出来栄えで「ここまでやるか?」と感動を覚えたほどでしたから。

 2010年から2012年頃までの京楽製パチンコは、ほとんどの機種に『びっくりぱちんこ』と銘打たれているのですが…『正にビックリパチンコ!』と思わされたものでした。

 スペックは2種類で本機は大当り確率約1/265のミドルですが、50%の確変(ビクトリーモード)を引き当れば1000個✕5セットで約5000個を獲得可能でした。確変終了後の時短中(100回転)の大当りは必ずビクトリーモードに突入するため、更に5000個の獲得が可能という変則タイプです。

 もう一方が今は亡きマックスタイプ(約1/394)で、ミドルより半年遅れのリリースだったのですが…「この台をマックスタイプで出しちゃう?」という面でも非常に驚きました。

 後継機種がリリースされる可能性は限りなく低いと思われますが、京楽にはまたいつか我々を『びっくり』させてくれるようなパチンコ機をリリースして欲しいと願う今日この頃です。

(文=電撃しらっち)
<著者プロフィール>
業界歴30年。遊技機販売業など様々な業種を経験し、現在はライターとしての活動にも力を入れている。レトロパチンコ・パチスロの実戦記事や、業界関係者への取材記事も担当。羽根モノや一発台を特集するなど、オールドファンにも響く内容も積極的に作成している。

【注目記事】
パチスロ最悪の展開でも「ヒキで勝利」が可能!? 新台『TIGER & BUNNY SP』実戦レポート!!
パチンコ「110連・一撃16万5000発」も話題に…アノ超爆裂タイトルの最新作が遂に始動!!
パチスロ「無限ARTで2000G消化」の神展開!? 75%で連発も狙える名機!!

パチンコ「10万発を軽々と達成」の激熱ジャンル!? ビックリ驚きの名機を実戦!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合