NEW

JRA C.ルメール「2000mがいい」「東京では勝てる」も国枝栄調教師と不協和音……レコード勝ち大本命馬の不可解参戦

【この記事のキーワード】, ,
JRA C.ルメールVS国枝栄調教師の不協和音……「跳びが大きい」「2000mがいい」「東京では勝てる」レコード勝ち大本命馬の不可解参戦の画像1
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

 13日、中山競馬場で行われる3歳牝馬限定戦のアネモネS(L)。関東圏では唯一の桜花賞トライアルに、特別登録の段階で桜の舞台を目指す17頭がエントリーしている。

 断然人気が予想されるのは、『netkeiba.com』の単勝予想オッズで1番人気に支持されているウィズグレイス(牝3、美浦・国枝栄厩舎)だ。

 先月末にサウジアラビアに遠征していた主戦のC.ルメール騎手が自身のTwitterにて、PCR検査で新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを公表したため、今回は横山武史騎手とのコンビで出走を予定している。

 「勝った馬が強過ぎた」C.ルメール、武豊も完敗認めた衝撃!

 前走は1月東京のセントポーリア賞(1勝クラス・芝1800m)に参戦し、単勝オッズ1.4倍の圧倒的1番人気となったが、今年のダービー馬候補ともいわれているドゥラドーレスの前に3馬身差の完敗。新馬戦以来となる中山への出走となる。

 敗れたルメール騎手をして「勝ち馬が強かった」と言わしめたドゥラドーレスは、管理する宮田敬介調教師も「ダービーに向かいたいと思わせるほどの器」と評したスケールの持ち主だけに相手が悪かった。

 それだけに、同世代の牝馬が相手の今回は、陣営にとっても絶対に負けられないレースといえるだろう。

大本命が確実視されるウィズグレイス

 ただ、少々気になるのはウィズグレイスが東京で本領を発揮していることだ。アネモネSの舞台となる中山は、1番人気に推された昨年10月のデビュー戦で5着に敗れたコースでもある。

 レース後にルメール騎手は「跳びが大きいので反応するのに時間がかかってしまいました。次の東京では勝てると思います」というコメントを残していた。

 そしてこの言葉通り、東京で使われた2戦目の未勝利戦では、2着馬に6馬身差をつけて逃げ切り。このときの勝ちタイム1分58秒5は東京芝2000mにおける2歳レコードでもある。

 東京での2戦をルメール騎手は「マイペース」と評しており、2着に敗れたセントポーリア賞でも「距離も2000mの方がいい」と振り返っていた。

JRA C.ルメール「2000mがいい」「東京では勝てる」も国枝栄調教師と不協和音……レコード勝ち大本命馬の不可解参戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?