NEW

パチンコ「ドル箱タワー」を築き上げた爆裂システムを創造…先見性あふれる大手メーカー激アツ新台を発表!!

【この記事のキーワード】, , ,

パチンコ「ドル箱タワー」を築き上げた爆裂システムを創造…先見性あふれる大手メーカー激アツ新台を発表!!の画像1

「X年後の関係者たち あのムーブメントの舞台裏」が面白い。ブームを巻き起こしたさまざまな事象に対して関係者たちから話を聞くテレビ番組だが、SEGAをフィーチャーした回が2度ほどあった。

パチンコ新台「2回以上の大当り約束!?」

 SEGAといえばパチンコとも浅からぬ関係にある。ゲームについてはほとんど門外漢だが、その2回の放送を非常に興味深く拝見した。内容はアーゲードゲームとセガサターン。当事者として語られる物語は格別な示唆に富む。

 技術はナンバーワンという開発陣の自負を目の当たりにしながら次世代ゲーム機戦争に破れ、ハードの供給を停止する事態の胸中を思うと歯がゆい想いにとらわれる。奇しくもセガがゲームセンター事業から完全撤退するニュースを聞いたばかり。自然とセガを応援する気持ちがふつふつと湧き上がってきた。

 しかし、硬派なセガのスピリッツはパチンコのほうでも活かされているに違いない。サミーとセガが経営統合したのは2004年。『CR北斗の拳』を筆頭に、パチンコでも存在感を発揮してきた時期と重なるのである。

 たとえば『CRフレディvsジェイソン』。世界が度肝を抜かれたこのクロスオーバー作品のタイアップ機、じつはパチンコとしてもなかなか先鋭的なスペックタイプを用意していたのである。それは確変回数切り。つまりSTシステムとなる。

『LSVA』という兄弟機は、大当り確率が1/248で確変突入利率100%、大当り終了後35回転まで高確率が継続するものであった。ST終了後は時短65回転に突入するようになっており、主流であった次回ループとは違うゲーム性を提供。

 本機の登場後に『CRパトラッシュ』などのST RUSHブームが到来するが、その流れを予見していたような先見性である。さらに、サミーは1種2種混合機でも時代に先駆けている。

『CRアラジンディスティニー』。約1/194の確率で発生する液晶当りとは別に役物によるV入賞もあるデジパチ+羽根物マシンである。

 パチスロの超人気機種『アラジン』を継承したパチンコ台。連チャンモードとなる「アラジンチャンス」では、役物による短期決戦でこれまでの確変デジパチを圧倒する出玉スピードと類まれなる爆発力でドル箱タワーを築き上げた。

 ただ、『フレディvsジェイソン』も『アラジンディスティニー』もコアなマニア受けするたぐいのマシンであり、一般的な市場評価としては芳しいものではない。このあたりもセガのマインドエンターテイメントを感じさせる。

 これは最近適合が発表された超最新機種『P頭文字(イニシャル)D』にも通じるものがある。キービジュアルには「93%LOOP「D-SPEC」「HIGH-SPEED」「SAISOKU MUGEN RUSH」といった羅列された文字情報からだけでも、ただならぬマシンであると想像できる。

「速いだけじゃ、本物とは呼べない。」

 SEGAの背景や魂が凝縮されたようなキャッチコピーではないだろうか。

(文=大森町男)

<著者プロフィール>

 羽根物によってパチンコの魅力にとり憑かれ、パチンコ雑誌を製作する編集プロダクションに入社。パチンコに関する記事作りや編集業務に携わる。編集長としてファン雑誌の制作に取り組むなどの経験を活かし、その後は携帯サイトやweb、動画コンテンツなど幅広いパチンコメディアに従事。現在はフリーランスのパチンコライターとして活動。パチMaxを中心に消極的に執筆の場を広げている。

【注目記事】
パチスロ「万枚製造機」も生み出したヒットメーカー…叩きドコロ・狙いドコロ超満載の新台を発表!!
パチンコ「爆裂フラグ3連発」のレジェンド無双が炸裂!? 全てをひっくり返す破壊力に脱帽!!
パチンコ「爆裂フラグ3連発」のレジェンド無双が炸裂!? 全てをひっくり返す破壊力に脱帽!!

パチンコ「ドル箱タワー」を築き上げた爆裂システムを創造…先見性あふれる大手メーカー激アツ新台を発表!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合