NEW

「運の総量は決まっている」「ギャンブルに運が振れる人が強い」有名パチスロライターたちが“ギャンブル論”を熱弁

【この記事のキーワード】,

「運の総量は決まっている」「ギャンブルに運が振れる人が強い」有名パチスロライターたちがギャンブル論を熱弁の画像1

 パチンコ・パチスロに興ずる者。とりわけパチンコ・パチスロライターにはギャンブル好きが多く、木村魚拓氏・沖ヒカル氏・グレート巨砲氏の人気ライター3名によるDMMぱちタウンのトークバラエティ番組「アロマティックトークinぱちタウン第240回)では、ゲストの嵐氏と共に「ギャンブルに強い人」について討論している。

 嵐氏は、「確率を超えた結果を出せる人が強いのでは?」との持論。沖氏は「その瞬間、超える人はもちろんいると思う」としたものの、「トータルで確率を超えた結果を出せる人っているんですかね」と、この意見に疑問視した。

 沖氏によると、木村氏のように「勝負強い人はいる」反面、そういう人は「おそらく他のことで、確率で負けている」と説明。収録などでヒキを発揮する木村氏は、例えば「車に乗ってて信号待ちでやたら捕まる日が僕よりも多い」などの収束があり、「運の総量は決まっている」というのが沖氏の見解だそうだ。

 これには嵐氏も同意のようで、「ギャンブルに運が振れる人が強い」とした上で、カジノなどでは「厚張りした時に勝てる人が強い」ともコメント。嵐氏は「典型的に負ける」タイプで、絶対に笑わないとされる「ディーラーを笑わせた」ほどの惨敗経験もあるという。

■「ギャンブルに強い人」の特徴とは……

「勝ちやすいタイプの人と、負けやすいタイプの人がいる」。こう述べた沖氏が「負け顔でしょ?」と嵐氏に振ると、嵐氏は「負け顔です」と即答。一方、木村氏については「勝ち顔。オーラがある」とし、自身については「負け顔」と分析した。

 巨砲氏は「確率通り負ける」タイプと自称し、カジノでは「最初に厚張りするタイプ」。その理由は「勝つ時は最初に勝つ」と思っているからだそうで、終盤で大きな勝負に出る人が「理解できない」という。

 そんなスタンスに木村氏が「それで面白いんですか?」とすると、巨砲氏は「あまり面白くない」「だからカジノではあまり盛り上がらない」と発言。「確率は決まっているもの」との認識だそうで、運要素が強い「バカラ」に関しては熱くなることもあるそうだが、「攻略法がないから、どうこうしようとは思わない」のだそうだ。

 それぞれがカジノトークで盛り上がる中で、沖氏は木村氏を「0か100かのタイプ」としたが、ここで木村氏は「カジノに行ったことがない」と告白。自分自身で「どんな自分が出てくるのかが怖い」そうで、「ハマる」可能性があることを恐れているとも続けた。

 これに対して沖氏は、「キムさんは頭がいいからハマらない」としたものの、昨今人気を集める「テキサスホールデム・ポーカー」は「面白いよ」とオススメ。木村氏も「麻雀とどっちが技術介入が高いの?」と興味を示したようで、その後、テキサスホールデム・ポーカーについての魅力を語り続けた。

 有名ライターたちが持つギャンブル論。同じくギャンブル好きならば、共感できることが多々あるかもしれない。

【注目記事】
「甘デジ以上に遊べる」とヒキ弱も大歓喜!? 2000発ループにも期待できる超甘パチンコ!!
パチンコ新台、ライトミドルで「初回3000発フラグ&右打ちALL1500発」の衝撃… 
パチンコ新台、超人気ライターも「一撃4万発オーバー」を達成… ウワサ通りの爆裂性能で大暴れ!!

「運の総量は決まっている」「ギャンブルに運が振れる人が強い」有名パチスロライターたちが“ギャンブル論”を熱弁のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合