NEW

JRA 金鯱賞(G2)「259万回」再生数を誇る伝説のレース!「サイレンススズカ4連勝です!」大観衆の中京競馬場が拍手で迎えた逃走劇

【この記事のキーワード】, ,

JRA 金鯱賞(G2)「259万回」再生数を誇る伝説のレース!「サイレンススズカ4連勝です!」大観衆の中京競馬場が拍手で迎えた逃走劇の画像1

 今週末の中京競馬場では金鯱賞(G2)が開催される。競馬場の所在地である愛知県のシンボル名古屋城の「金の鯱」が由来の伝統レースは、これまで57回行われてきた。

 発足当時はダートだった金鯱賞。第6回から中京芝1800mに条件が変更、第32回目の1996年から現在の中京芝2000mのコースとなった。

「遅咲きのサイレンススズカ」が豊と挑む海外遠征!

 そして、コースよりも変更されてきたのが施行時期だ。2011年までは5月下旬の開催だったが、翌12年から16年は12月初旬開催に。現在の3月中旬開催は5年前の17年からとなっている。

 そんな施行条件を幾度も変更された中京の名物重賞は、これまで数々の熱いレースが繰り広げられてきた。2年前は大本命のサートゥルナーリアが貫禄の勝利を収めたと思いきや、昨年は最低人気のギベオンが逃げ切るなど本命党、穴党どちらも楽しめるレースとなっている。

 ただ、ほぼ全ての競馬ファンを魅了させたのは1998年の金鯱賞だろう。この年の1番人気は武豊騎手とサイレンススズカのコンビだ。

 当時のサイレンススズカは2月のバレンタインS(OP)の4馬身差圧勝に始まり、中山記念(G2)、小倉大賞典(G3)と連勝街道を突き進んでいた。

 この勢いが評価されて、金鯱賞も当然の1番人気だった一方で、今回は直近3走と打って変わって単勝オッズは2.0倍。バレンタインS、中山記念、小倉大賞典はいずれも単勝1倍台だったため、今回ばかりは連勝が止まると感じたファンもいるだろう。

 それもそのはず。当時は宝塚記念(G1)の前哨戦だった同レースには、強者が集結。昨年の菊花賞(G1)マチカネフクキタルを筆頭に、サイレンススズカ同様に連勝中のミッドナイトベッドやタイキエルドラドなど一筋縄では倒せないメンバーが揃っていた。

伝説となったレース

 多くの観客で埋め尽くされたスタンドを横目に、好スタートを切ったサイレンススズカと武騎手はいつも通り大逃げを打つ。

 1000m通過は58秒1。レースの焦点はハイペースで後続を千切って軽快に飛ばす本馬に、後続がいつどこで詰め寄るかにかかっていた。

 しかし、3コーナー、4コーナーと回っても後続との差は一向に縮まらず。それどころか、更に引き離していくような圧巻のパフォーマンスを披露。カメラのアングルは目一杯引かないと後続の姿が映らないほどであった。

JRA 金鯱賞(G2)「259万回」再生数を誇る伝説のレース!「サイレンススズカ4連勝です!」大観衆の中京競馬場が拍手で迎えた逃走劇のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合