NEW

JRAフィリーズレビュー(G2)池添謙一「これだから競馬は面白い」自身の騎乗停止「被害者」からの意外な指名に昨日の敵は今日の友!?

JRAフィリーズレビュー(G2)池添謙一「これだから競馬は面白い」自身の騎乗停止「被害者」からの意外な指名に昨日の敵は今日の友!?の画像1
池添謙一騎手 撮影:Ruriko.I

「騎乗停止になりました…被害を受けた馬の関係者に申し訳ないです」

 先月6日、自身の公式Twitterを通じて謝罪したのは、池添謙一騎手だ。

 前日5日、中京競馬場で行われた5Rの3歳未勝利で2番人気のハギノモーリスに騎乗した同騎手は、最後の直線で大きく斜行し、外側にいた2頭と玉突き事故のような形で接触。ハギノモーリスは1位入線したものの、最終的に他馬を妨害したとして3着に降着となり、同騎手には開催4日間の騎乗停止処分が下った。

 池添謙一、武豊&横山典弘「大絶賛」から一転…痛恨斜行で騎乗停止

 この降着劇に対し続けて「新馬戦でステッキに敏感で怪しい動きをしていたので気をつけてはいたんですけど、防げなかったです」とパートナーの癖をあらかじめ把握しつつも制御出来なかったことを説明し、「先頭でしたし、勝ち負けだったので追ってましたし、鞭もあそこでは使ってしまいました」と当時の状況を振り返った。

 無論、故意ではないにしろ、プロとして処分 を受けるのが競馬の世界だ。結果的に被害を受けた2頭は着順こそ繰り上がったものの、一歩間違えれば大事故に繋がりかねない内容だっただけに、何とも歯切れの悪い結末となった。

 このレースで1着に繰り上がりという形で勝利を手にしたサブライムアンセム(牝3、栗東・藤原英昭厩舎)だが、13日に阪神競馬場で行われる桜花賞トライアル・フィリーズレビュー(G2)に出走を予定している。

 そして驚くべきことに、同馬を所有するサンデーレーシングが新たに鞍上に抜擢したのは、意外にも池添騎手だった。

サブライムアンセムとは

 これについて今月の8日、池添騎手は再び自身のTwitterで「サブライムアンセム騎乗予定」と報告すると、前走で被害を受けたサンデーレーシングからまさかの騎乗依頼を受けたことに「これだから競馬は面白い。感謝」とツイートした。

「これには本人も少し驚いたのではないでしょうか。前走でサブライムアンセムに騎乗した岩田望来騎手が中京の金鯱賞(G2)に出走予定のソフトフルートに騎乗するため、阪神で空いていた池添騎手に白羽の矢が立ったのかもしれません。

サンデーレーシングと池添騎手のコンビといえば、ドリームジャーニーやオルフェーヴルなどの名馬でも知られているが、近年でも2020年の高松宮記念(G1)や安田記念(G1)のグランアレグリアや、21年のNHKマイルC(G1)でのソングラインなど実力馬での起用が目立ち、もはや準主戦ともいえる存在です。

前走で一悶着あったにもかかわらず、鞍上に指名するという事は、よっぽど信頼関係が成り立っている証でしょう」(競馬誌ライター)

JRAフィリーズレビュー(G2)池添謙一「これだから競馬は面白い」自身の騎乗停止「被害者」からの意外な指名に昨日の敵は今日の友!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合