NEW

JRA武豊「単勝1.1倍」圧勝も桜花賞の苦戦を予感、名牝と挑んだ15年前の一戦……。ウオッカ&ダイワスカーレット時代到来を予告していた!?

JRA武豊「単勝1.1倍」圧勝も桜花賞の苦戦を予感、名牝と挑んだ15年前の一戦……。ウオッカ&ダイワスカーレット時代到来を予告していた!?の画像1
武豊騎手

 13日、阪神競馬場では桜花賞(G1)トライアルのフィリーズレビュー(G2)が行われる。武豊騎手は、2月に初勝利を飾ったマイシンフォニー(牝3歳、栗東・松永幹夫厩舎)とのコンビで参戦を予定している。

 武騎手は前身の報知杯4歳牝馬特別時代を含めて、このレースにはこれまで22回騎乗し、3勝を挙げている。このうち最もプレッシャーを感じての騎乗は、アストンマーチャンで制した2007年だったのではないだろうか。

 武豊ドウデュースに「手応えあり」もレースレベルに不安

 マイルG1を2勝したアドマイヤコジーンの初年度産駒として社台ファームで生産されたアストンマーチャン。06年夏に小倉でデビューすると、父譲りの軽快なスピードを武器に、短距離で重賞2勝の活躍を見せ、阪神JF(G1)では、単勝1.6倍の1番人気に支持された。

 ところが、このレースでアストンマーチャンを破ったのは、後にG1を7勝するウオッカだったが、当時はまだ4番人気の“伏兵”扱い。好位3番手のインを進んだアストンマーチャンの直後につけたウオッカは、直線外に持ち出されると、先に抜け出した大本命馬をゴール前で図ったように差し切り、2歳女王に輝いた。

 アストンマーチャンも2着に敗れはしたものの、3着馬には3馬身半という決定的な着差をつけていた。この時点で、この2頭が桜花賞最有力候補として名前を挙げられていたのは言うまでもないだろう。

 打倒ウオッカに向け、アストンマーチャン陣営は3歳始動戦にフィリーズレビューを選択。ウオッカは1週間前のチューリップ賞(当時G3)を制しており、まさに負けられない前哨戦となった。

 数多くの1番人気馬に騎乗してきた武騎手だが、このレースのアストンマーチャンは単勝オッズ1.1倍という圧倒的な人気を背負っていた。

単勝1.1倍で迎えた前哨戦

「チューリップ賞を快勝したウオッカと好勝負したという実績から1番人気は当然でしたが、阪神内回りの芝1400mは紛れもあり、出遅れは許されないコースです。並の騎手なら、平常心を保つのも難しいと思いますが、やはりそこは武騎手でした。1.1倍という人気を微塵も感じさせない落ち着いた騎乗で勝利に導きました」(競馬誌ライター)

 6枠12番というやや外目の枠から好発を決めた武騎手とアストンマーチャン。阪神JFの時と同じように好位で競馬を進めると、直線楽な手応えで先頭に立ち、ノーステッキでの楽勝だった。

 しかし、武騎手はこのレースで感じた手応えを07年3月14付けの自身のオフィシャルサイトの日記にこう記している。

「結果的に完勝でしたが、桜花賞に向けてとなると、折り合いという課題を完全に克服したとは言えない内容でした」

 改めてレース映像を確認すると、確かに向正面で外から他馬に交わされた際、アストンマーチャンが行きたがっていたことが分かる。さらに武騎手は同日の日記に「1400mで戦わせてくれるのなら、この馬が一番強いと言ってしまえるのですが」と、桜花賞への不安を吐露している。

 それでも本番の桜花賞でウオッカに次ぐ2番人気に推されたのはチューリップ賞2着のダイワスカーレットではなく、アストンマーチャンの方だった。

JRA武豊「単勝1.1倍」圧勝も桜花賞の苦戦を予感、名牝と挑んだ15年前の一戦……。ウオッカ&ダイワスカーレット時代到来を予告していた!?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  4. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  5. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  6. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリアにはもう騙されたくない!? 「違和感」拭えぬ前向きコメント…枠順や展開にも「不安要素」山積み
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊「最低人気」でゴールドシップに真っ向勝負…レジェンドが初体験の「屈辱」に見せた意地
  10. JRA宝塚記念(G1)兄弟対決に割って入るのは「父親」の超人気薄!? 非根幹距離巧者と狙う3度目の正直