NEW

JRA 人間なら「アラフォー」のオジュウチョウサン、限界説はまだまだ早い? 不安払拭する海外のジャンプキング伝説

【この記事のキーワード】, ,
JRA 人間なら「アラフォー」のオジュウチョウサン、限界説はまだまだ早い? 不安払拭する海外のジャンプキング伝説の画像1
オジュウチョウサン

 2011年の3月11日。日本国民であれば、忘れてはならない東日本大震災が発生した日である。

 この震災が起こった翌月の4月3日、北海道平取町の坂東牧場で生を受けたのが、後の障害王オジュウチョウサン(牡11歳、美浦・和田正一郎厩舎)だ。

 横山武史「心の底から喜べない」痛恨の“油断騎乗疑惑”から2ヶ月半……

 奇しくも初めて障害競走に出走したコースが被災地の福島競馬場だった本馬は、入障4戦目で初勝利を挙げると、16年の中山グランドジャンプ(J・G1)優勝を機に一気にスターダムを駆け上り、障害界の「絶対王者」と呼ばれるまでに至った。初障害で大差の最下位に敗れていた馬としては、異例の大出世ともいえるだろう。

 ただ、昨年の中山グランドジャンプでは首位に2秒以上つけられる5着とまさかの大敗を喫した。一部のファンから「引退か」といった声も出たほどの敗戦だったが、王者は再度立ち上がり昨年末の中山大障害(J・G1)を復活優勝。レース後には惜しみない拍手が競馬場いや全国のファンから贈られた。

 そして、「3.11」の翌日にあたる12日。オジュウチョウサンは2022年の始動戦となる阪神スプリングジャンプ(J・G2)に出走を予定している。同レースには中山大障害で1番人気だったタガノエスプレッソなども出走するため、前走で復活したとはいえ一筋縄ではいかないだろう。

 さらに気になるのがオジュウチョウサンの年齢だ。今年で明け11歳と、中央競馬ではなかなか見られない高齢である。北海道の『日高振興局』HP内にある「4歳以上の馬の年齢換算式」を参考に本馬を人間に例えると、来月で41歳なのだ。

人に例えるとアラフォーのオジュウチョウサン

 41歳以上の現役プロ野球選手が12球団合わせて4名しかいないように、40歳という年齢は残念ながら衰えがジワジワと襲いかかる年頃。また、JRAの平地最高齢勝利が10歳であることから、いくら王者とはいえそろそろ厳しいという見方もできる。

 しかし、プロ野球では50歳まで現役を続けた元中日ドラゴンズの山本昌投手がいるように、障害界にも11歳以上の年齢でも活躍を続けた馬がいる。

12歳で障害G1を勝った馬

「カラジですよね。懐かしいです。現在はなかなか見られない海外から日本に遠征しにきた障害馬になります。

2005年から2007年にかけて中山グランドジャンプを3連覇したオーストラリアの馬で、当時の年齢が10歳から12歳。つまり、現在のオジュウチョウサンより上の年齢でジャンプG1を制しました。

オジュウチョウサンも歴史的な名馬の1頭ですが、カラジもまた素晴らしい馬でした。前哨戦で1度障害オープンを使って敗れるのですが、必ず本番のG1は勝つんですよ。

今回オジュウチョウサンが勝てば、カラジ以来となる11歳以上でのJRA重賞勝利の偉業になりますから、是非とも頑張ってほしいです」(競馬誌ライター)

 1週前追い切りでは平地重賞馬テルツェット相手に追走併入と、11歳馬とは思えないパワフルな走りを披露したオジュウチョウサン。是非ともオーストラリアが誇るジャンプ王以来の快挙が今週末に達成されることに期待したい。

(文=坂井豊吉)

<著者プロフィール>
全ての公営ギャンブルを嗜むも競馬が1番好きな編集部所属ライター。競馬好きが転じて学生時代は郊外の乗馬クラブでアルバイト経験も。しかし、乗馬技術は一向に上がらず、お客さんの方が乗れてることもしばしば……

JRA 人間なら「アラフォー」のオジュウチョウサン、限界説はまだまだ早い? 不安払拭する海外のジャンプキング伝説のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合