NEW

JRA「ありえない勝ち方」「こんな馬ではない」フィリーズレビュー(G2)鞍上を魅了する素質馬・ウィリンが挑む桜花賞への道

【この記事のキーワード】, ,

JRA「ありえない勝ち方」「こんな馬ではない」フィリーズレビュー(G2)鞍上を魅了する素質馬・ウィリンが挑む桜花賞への道の画像1

 2日間で4つの重賞レースが行われる今週末の中央競馬。13日に阪神競馬場で開催されるのが、桜花賞トライアルのフィリーズレビュー(G2)だ。

 3着までに桜花賞(G1)への優先出走権が与えられる芝1400mの一戦に、今年は15頭の若き乙女たちがエントリー。唯一の重賞勝ち馬であり、阪神JF(G1)でも5着と健闘したナムラクレアが大きな注目を集めている中、今回取り上げたいのがウィリン(牝3歳、美浦・林徹厩舎)である。

 昨年7月に福島の新馬戦を勝ち上がり、半年以上の休養を挟んで臨んだ今年1月の紅梅S(L)では3着と善戦。中7週で挑む今回がキャリア3戦目となる。

 新馬戦はスタート後の1歩目で出遅れながら、二の脚でスピードの違いを見せて楽に先頭を取り切ると、4コーナーのカーブから直線にかけて、騎手は持ったままの状態で後続との差を広げていく。

JRA「ありえない勝ち方」「こんな馬ではない」フィリーズレビュー(G2)鞍上を魅了する素質馬・ウィリンが挑む桜花賞への道の画像2
M.デムーロ騎手

 終わってみれば2着に7馬身差をつける圧勝。手綱を取ったM.デムーロ騎手も「馬なりでありえないような勝ち方。すごいね~」と、思わず驚きの声を漏らした。

 そこから6カ月半空けて挑んだキャリア2戦目の紅梅Sでは、主張する馬を行かせてインの4番手で控える競馬を選択。内・前有利が顕著だった当時の中京で、2着に残った逃げ馬をつかまえることはできなかったものの、道中2番手で運んだ馬はなんとか交わして3着に入った。

 トラックバイアスを跳ねのけて外からまとめて差し切った勝ち馬・フォラブリューテの豪快な競馬が目立った中、レース後の津村明秀騎手は「休み明けで心配していたテンションの高さも馬が我慢してくれた。馬の後ろで折り合って良いリズムで行けました。反応しきれなかったのは久々の分でしょうか」と振り返り、ウィリンにとっても収穫の多い一戦だったことを強調。

 長い休みを挟んでの昇級戦に、実戦では経験がなかった馬群での競馬を強いられたこと。加えて、初戦でハイパフォーマンスを見せた福島とはまるで異なる左回りに長い直線、かつ直線に急坂があるコース替わりなど、不安要素が多々あった中での3着という結果をポジティブに捉えつつ、「まだまだ良くなります。こんな馬ではない」というコメントも。このひと言からも、鞍上のこの馬に対する大きな期待を伺い知ることができた。

 跨った騎手が惚れこむポテンシャルの高さ。キャリア3戦目のG2挑戦も、この馬に近くで関わる人間からしてみれば「無謀」ではなく「当然」のことなのだろう。

 紅梅Sから2カ月ぶりのレースとなるが、林調教師は「良い状態で戻ってきて追い切りも予定通り。良い状態で向かえる」とコンディションに不安はなし。9日の調教でも、美浦の坂路コースで4ハロンを52秒0で走破しており、ラスト1ハロンの11秒9は全体2位という好時計。状態面に疑いの余地がないことは明らかだ。

JRA「ありえない勝ち方」「こんな馬ではない」フィリーズレビュー(G2)鞍上を魅了する素質馬・ウィリンが挑む桜花賞への道のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合