NEW

JRAオグリキャップ「再来」予感に名物アナも絶句…!? 無傷10連勝で中央へ殴り込み“笠松のオテンバ娘”が見せた豪脚

【この記事のキーワード】, ,

JRAオグリキャップ「再来」を予感させた勝利に名物アナも絶句…!? 無傷10連勝で中央へ殴り込み笠松のオテンバ娘が見せた豪脚の画像1

 13日、阪神競馬場で行われるのは桜花賞(G1)トライアルのフィリーズレビュー(G2)だ。阪神4歳牝馬特別として1967年に創設され、83年に報知杯4歳牝馬特別に改称。2001年から現名称となり今に至る。

 現在はチューリップ賞にその座を譲っているが、かつては牝馬クラシックへの登竜門に位置付けられていたレースでもある。1986年にこのレースを制したメジロラモーヌはJRA史上初の牝馬三冠にも輝いた。

 グレード制が導入された1984年以降、このレースを制した馬が桜花賞とオークス(G1)の両方で1番人気に支持されたのはメジロラモーヌ以外にも2頭いた。

 いずれも20年以上前になるが、そのうちの1頭が95年の覇者ライデンリーダーだ(もう1頭は97年キョウエイマーチ)。

 その年は1月に阪神・淡路大震災が発生した影響で、阪神競馬場が11月まで使用することができず。桜花賞、並びにそのトライアル競走は京都競馬場で行われた。

 3月19日、京都芝1400mの外回りコースで行われた報知杯4歳牝馬特別には、桜花賞を目指す16頭が出走した。そのレースで地方所属馬ながら、2番人気に支持されたのが笠松のライデンリーダーだった。

 95年は「交流元年」と呼ばれた年で、中央のG1レースが指定交流競走に。地方所属馬であっても、トライアルで優先出走権を獲得すれば、中央に移籍することなくG1に出走できるようになっていた。

 そんな記念すべき年に「デビューから無傷の10連勝」という看板を引っ提げて登場したライデンリーダー。同じく笠松競馬出身だったオグリキャップと比較する声もチラホラ聞かれるなど、ファンの注目度は高かった。

 そしてライデンリーダーは、このレースでオグリキャップの再来を予感させる豪脚を繰り出すことになる。

 この日、関西テレビの『ドリーム競馬』で、レース実況を担当したのは杉本清アナウンサーだった。27年前の実況を基にレースを振り返ってみたい。

JRAオグリキャップ「再来」予感に名物アナも絶句…!? 無傷10連勝で中央へ殴り込み“笠松のオテンバ娘”が見せた豪脚のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合