NEW

JRAオジュウチョウサン痛恨3着で中山GJ(G1)に黄色信号…「勝った馬が強い」陣営が脱帽した「超新星」の出現と、これまでの敗戦とは異なる理由

JRAオジュウチョウサン痛恨3着で中山GJ(G1)に黄色信号…「勝った馬が強い」陣営が脱帽した「超新星」の出現と、これまでの敗戦とは異なる理由の画像1
オジュウチョウサン

 12日、阪神競馬場で行われた阪神スプリングジャンプ(G2)から始動したオジュウチョウサン(牡11歳、美浦・和田正一郎厩舎)は3着に終わった。

 単勝1.7倍の人気を裏切る形になってしまったが、今のオジュウチョウサンがかつてのような絶対的存在でないことは競馬ファンなら誰もが知るところだ。3着に敗れはしたが、昨年末の中山大障害(G1)の3着馬レオビヨンドとクビ差の接戦ならば悲観する必要はない。2kgの斤量差が埋まる中山グランドジャンプ(G1)での逆転は、十分に現実的と言えるだろう。

 だが、問題は勝ち馬だ。

「ゴーサインも自分で出していくし、本当にポテンシャルが凄い馬です」

 レース後、鞍上の西谷誠騎手がそう絶賛したエイシンクリック(牡8歳、栗東・坂口智康厩舎)は、これで3連勝。それもここ2戦の着差が2.7秒(大差)、1.6秒(10馬身差)という障害界に現れたニュースターである。

 それでも本馬が5番人気に留まったのは、西谷騎手の「あとは、実戦勘だけだと思っていました」という言葉通り昨年の3月以来、約1年ぶりのレースだったからだ。

「陣営の方々には失礼な話になってしまいますが、正直ここまで強いとは思っていませんでした。西谷騎手が『厩舎がしっかり仕上げてくれている』とコメントしていた通り、約1年ぶりでも追い切りの動きは良かったですし、好仕上がりだったと思います。

ただ、オジュウチョウサンはこのレースを得意にしていますし、この日も番手から最後の直線で逃げ馬を交わしにかかる必勝パターン。4着ビーオールアイズは10馬身突き放していますし、まさか前にいたエイシンクリックに抵抗されるどころか跳ね返されるとは思わなかったでしょうね。

レース後には(オジュウチョウサンの)石神(深一)騎手も『勝ち馬を褒めるべき。オジュウ自体に大きな失敗はありませんでした』『1年ぶりでこの内容で勝たれるのは、相当スタミナと心肺機能があると思う』と言えば、和田正調教師も『勝った馬が強い』とエイシンクリックへの警戒を深めている様子でした」(競馬記者)

 また、記者曰く今回の敗戦は「これまでとは違う」という。

JRAオジュウチョウサン痛恨3着で中山GJ(G1)に黄色信号…「勝った馬が強い」陣営が脱帽した「超新星」の出現と、これまでの敗戦とは異なる理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合