NEW

JRA大阪杯(G1)エフフォーリアVSジャックドールは「スペシャルウィークVSグラスワンダー」の23年ぶり延長戦!? 春のグランプリには「キングヘイロー」を持つあの大物も参戦か

JRA大阪杯(G1)エフフォーリアVSジャックドールは「スペシャルウィークVSグラスワンダー」の23年ぶり延長戦!? 春のグランプリには「キングヘイロー」を持つあの大物も参戦かの画像1

 誰もが「確信」した瞬間だったかもしれない。
 現役最強馬を止めるのは「この馬だ」と――。

 13日、中京競馬場で行われた金鯱賞(G2、芝2000m)は、1番人気のジャックドール(牡4歳、栗東・藤岡健一厩舎)が完勝。従来を1.1秒も更新する“スーパー”レコードで5連勝を飾った。

 キャリア初の重賞挑戦も、レイパパレやアカイイトといったG1馬の存在も関係なかった。好スタートから、あっさりとハナに立って自分の形に持ち込むと、あとは独壇場。ライバルたちに影をも踏ませぬ逃走劇で、単勝2.0倍の圧倒的人気に応えた。

「能力の高い馬だと思っていましたが、想像以上の強さでした。レース後、主戦の藤岡佑介騎手も『ターフビジョンを見て「相当強いな」と思いました』と驚いていましたね。

前半の1000m通過59.3秒は、前走の白富士S(L)が59.4秒だったように、この馬にとってはマイペース。前走と同じく開幕週の2000mという共通項もあって、全体のラップもほぼ同じ数字が並んでいます。

道中から11秒台を連発して、さすがに最後の200mは12.3秒とやや止まり気味でしたが、追い上げを見せていたレイパパレやアカイイトが止まった分、逆に着差が広がりました。今回はメンバーが一気に強くなりましたが、問題にしませんでしたね。はっきり言ってG1級、非常に強い内容だったと思います」(競馬記者)

 この結果に驚いたのは、競馬ファンも同様だ。レース直後に「ジャックドール」がたちまちトレンド入り。すぐに1位になると、同時に「エフフォーリア」というワードも上位に名を連ねた。

「順調にいけば、ジャックドールは次走の大阪杯(G1)で、昨年の年度代表馬エフフォーリアと初めて対峙することになります。ファンの人たちも同世代2頭の初対決へ期待が高まっているのでしょう。

昨年は皐月賞(G1)、天皇賞・秋(G1)、有馬記念(G1)を勝つなど、エフフォーリアは文句なしの現役最強馬。昨年に多くの有力馬が引退したこともあって、今年はこの馬の時代になると思われていましたが、思わぬ強敵が出現した印象です。

ジャックドールはこれでデビューから9戦連続の2000m出走。まさに大阪杯はキャリア最初の集大成といえるレースになると思います。今から非常に楽しみです」(同)

 エフフォーリアVSジャックドールの対決に大きな反応を見せているのが、大ヒット競馬アプリ『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)のプレイヤーたちだという。

JRA大阪杯(G1)エフフォーリアVSジャックドールは「スペシャルウィークVSグラスワンダー」の23年ぶり延長戦!? 春のグランプリには「キングヘイロー」を持つあの大物も参戦かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合