NEW

JRA「責任を感じています」浜中俊“悪夢”のフィリーズレビュー(G2)でまたも斜行……単勝1.7倍ナムラクレア痛恨の敗戦も「5年前」から繋がる物語

JRA「責任を感じています」浜中俊悪夢のフィリーズレビュー(G2)でまたも斜行……単勝1.7倍ナムラクレア痛恨の敗戦も「5年前」から繋がる物語の画像1
ナムラクレア 撮影:Ruriko.I

 13日、阪神競馬場で行われた桜花賞トライアル・フィリーズレビュー(G2)は、2番人気のサブライムアンセム(牝3歳、栗東・藤原英昭厩舎)が勝利。1勝クラスから2連勝を決め、桜花賞(G1)へ高らかと存在をアピールした。

「(最後の直線は)狭いところだったんですけど、抜け出してくれました。成長段階でこれだけ走れるのは、能力のある証拠ですね」

 レース後、池添謙一騎手からそう称えられたサブライムアンセムは、コディーノ、チェッキーノといったG1・2着馬を近親に持つ良血馬。一族悲願のG1制覇へ、まずは大きな一歩を踏み出した。

 一方、浜中俊騎手にとって痛恨の敗戦を喫してしまったのが、1番人気のナムラクレア(牝3歳、栗東・長谷川浩大厩舎)だ。

「ここは落とせないと思っていたので、結果を出せず責任を感じています」

 1勝馬も数多くいたメンバーで唯一の重賞ホースであり、前走は阪神ジュベナイルF(G1)5着。単勝1.7倍の大本命だっただけに2着とはいえ、鞍上はレース後に頭を下げた。

 15頭立ての芝1400mのレース。スタートを決めたナムラクレアだったが、無理せず中団から。最終コーナーで外に持ち出されると、最後の直線では懸命に追い上げたものの、馬群を縫うように突き抜けたサブライムアンセムにアタマ差及ばなかった。

「昨年12月の阪神JF以来の休み明けでしたが、浜中騎手が『落ち着きがあって、いい雰囲気』と振り返っていた通り、仕上がりは悪くなかったですよ。ただ、プラス12kgが示す通り、あくまでトライアル仕様の仕上がりでしたね。最後届かなかったのは、その分だと思いますし、決して悲観する結果ではなかったと思います」(競馬記者)

 それでも浜中騎手が肩を落としたのは、やはり勝負どころの4コーナーで大きく膨らんだせいか。その結果、直後にいたモチベーションとサウンドクレアの進路をカットする形に……。

 レース後には、JRAから「4コーナーで外側に斜行したこと」について過怠金処分が下っている。

「昨年、同じ阪神1400mのファンタジーS(G3)でも、“その”兆候が少しありました。前走の阪神JFでは上手く回れていたので右回りがダメということはなく、コーナーで加速すると膨れてしまう面があるのかもしれません。浜中騎手も勝負どころなので出していきましたが、今後の課題になりそうです」(別の記者)

JRA「責任を感じています」浜中俊“悪夢”のフィリーズレビュー(G2)でまたも斜行……単勝1.7倍ナムラクレア痛恨の敗戦も「5年前」から繋がる物語のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合