NEW

JRA金鯱賞(G2)「逃げない」岩田康誠に期待ハズレの声!? ショウナンバルディ得意舞台で奇襲失敗、突然の“着拾い”にガッカリ感否めず

【この記事のキーワード】, ,
JRA金鯱賞(G2)「逃げない」岩田康誠に期待ハズレの声!? ショウナンバルディ得意舞台で奇襲失敗、突然の着拾いにガッカリ感否めずの画像1
藤岡佑介騎手

 13日、中京競馬場で行われた古馬の中距離重賞・金鯱賞(G2)は、連戦連勝でこの舞台に挑んだジャックドールが見事な逃げ切り勝ち。2着のレイパパレに2馬身半の差をつける快勝だった。

「ラスト1ハロンも追っていて凄い馬だと……。あまり他の馬では感じたことがないストライドです」

 レースを振り返った藤岡佑介騎手もパートナーの予想以上の強さに舌を巻いた。

 開幕週となる絶好の馬場で好時計が出たのは不思議ではないものの、従来のレコードを1秒1も塗り替える“圧逃”で5連勝。大阪杯(G1)で予想されるエフフォーリアとの対決が非常に楽しみになる結果となった。

 ただ、レースラップ的には前半1000m通過59秒9に対し、後半57秒9だったことには注目したい。

 逃げ切り勝ちという点では、1998年の勝ち馬サイレンススズカに重なるところもあるが、ジャックドールはスピードが武器というよりも、ロングスパートに耐えうるだけの持久力が魅力の馬だ。

 4コーナーでハナに立つ戦法に替えてから、レースラップの上がり3ハロンでも34秒台をコンスタントにマークしている。昨年の浜名湖特別(2勝クラス・芝2000m)では逃げて33秒2の“切れ味”を披露したほどである。

 本格化前とはいえ、2着の続いたデビュー2戦の上がり3ハロンは、いずれも35秒台と平凡。物理的には後ろから行った方が上がり3ハロンは速くなるはずだが、おそらく自分のリズムで走ることでパフォーマンスも上昇したのだろう。

JRA金鯱賞(G2)「逃げない」岩田康誠に期待ハズレの声!? ショウナンバルディ得意舞台で奇襲失敗、突然の着拾いにガッカリ感否めずの画像2
岩田康誠騎手

 そして、そんな勝ち馬の存在が、逃げ馬候補だった岩田康誠騎手とショウナンバルディ(牡6、栗東・松下武士厩舎)のコンビにも心理的プレッシャーを掛けていたのかもしれない。

 昨年の鳴尾記念(G3)2着や中日新聞杯(G3)優勝もある中京は大の得意コース。いずれも前々で競馬をする積極策で結果を残してきた。

 昨年の金鯱賞で10頭中最低人気だったギベオンが単勝227.3倍で、同1.4倍のデアリングタクト相手に大金星を挙げた舞台。ショウナンバルディがたとえ13頭中の11番人気だったとしても、昨年のギベオンが227.3倍ならチャンスはあったはずだ。

 また、ジャックドールの藤岡健一調教師が今後を考えると「控える競馬」も視野に入れているというコメントを出していたことも注目されていた。それだけにショウナンバルディの「逃げ」に期待した穴党から熱視線が集まったのも無理はなかったか。

 しかし、いざレースが始まってみると、特にスタートでアクシデントがあった訳でもないのに岩田康騎手の行く気は全くなし。あまりにもあっさりとジャックドールにハナを譲ると、先行するどころかまさかの後方待機策で後ろから2番手の位置まで下げた。

 結果はご存じの通り、ハナに立ったジャックドールがそのまま先頭でゴール。ショウナンバルディは上がり3ハロン34秒6の末脚で6着に追い上げたものの、馬券に絡むことは出来なかった。

 この突然にも思える作戦変更は何だったのだろうか。

JRA金鯱賞(G2)「逃げない」岩田康誠に期待ハズレの声!? ショウナンバルディ得意舞台で奇襲失敗、突然の“着拾い”にガッカリ感否めずのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合