NEW

パチスロ「伝説の『ズレ目』が復活した新生『ガール』シリーズ第1弾」~4号機名機伝説~ 『プレイガールV』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.85】

【この記事のキーワード】, , ,

パチスロ「伝説の『ズレ目』が復活した新生『ガール』シリーズ第1弾」~4号機名機伝説~ 『プレイガールV』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.85】の画像1
  2号機時代、『バニーガール』『スーパーバニーガール』のシリーズ2機種を立て続けに大ヒットさせ、大手メーカーの仲間入りを果たしたオリンピア。

 しかし、「ガール」の名が外れた3号機『バニーX.O』では、規定によりフルーツ(小役の集中役)が廃止になったり、リール制御の大幅変更で出目が大きく様変わりしてしまうなどして、古くからのバニーファンを落胆させてしまった。

 やがて訪れた4号機の時代。ファンの期待に応えるべく同社は、「ガール」シリーズを復活させる。1993年秋リリースの4号機第1弾、その名も『プレイガールV』である。

パチスロ「伝説の『ズレ目』が復活した新生『ガール』シリーズ第1弾」~4号機名機伝説~ 『プレイガールV』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.85】の画像2


 仕様は、シングルボーナスの集中役を搭載する、オリンピアとしては初のA‐C機。REGは搭載しておらず、先に登場したECJの『チェリーバー』や、ユニバーサル販売の『ソレックス』と同様の役構成となっていた。

 ただし、集中役については当選確率が低く抑えられている一方、パンク確率がかなり高めとなっていて、長打による一発逆転は期待薄。出玉獲得の主役は、純Aタイプ並の高い確率が与えられたビッグが担う設計となっていた。

パチスロ「伝説の『ズレ目』が復活した新生『ガール』シリーズ第1弾」~4号機名機伝説~ 『プレイガールV』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.85】の画像3


 ゲーム演出に目を向けてみると、やはり『バニーX.O』に対するファンからの痛烈な声が響いたのだろう。リーチ目は、とにかく多彩。

「ボーナス絵柄のテンパイ型」や「リールのスベリ」、そして何より「ズレ目」が復活したことが、古くからのファンを喜ばせた。

 通常は左→中と止めると、フラグの成否を問わずベルやプラム、リプレイを優先的にテンパイさせる制御が働く。この法則が崩れ、文字通りそれらがズレて停止すればチャンス到来。チェリーの取りこぼしorボーナスにつき、次ゲームがドキドキ、ワクワク…というわけだ。

 また、4号機ならではの機能として、ビッグ・集中役共通のランプによるフラグ告知も搭載。しかし、例によって「モーニング台がバレてしまう」という理由で切ってしまうホールが大半だった。

パチスロ「伝説の『ズレ目』が復活した新生『ガール』シリーズ第1弾」~4号機名機伝説~ 『プレイガールV』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.85】の画像4
「バニーガール」シリーズで人気を博した「ズレ目」など、出目はとにかく多彩。それを活かすためにも、ボーナス告知機能をオフにするホールも少なくなかった。

パチスロ「伝説の『ズレ目』が復活した新生『ガール』シリーズ第1弾」~4号機名機伝説~ 『プレイガールV』編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.85】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合