NEW

JRA 「今日はそれ以前の問題」武豊が危険騎乗にご立腹!? 同期ぶっちぎりの 「新人制裁王」が早くもランクインの悪目立ち

【この記事のキーワード】, ,
JRA 「今日はそれ以前の問題」武豊が危険騎乗にご立腹!? 同期ぶっちぎりの 「新人制裁王」が早くもランクインの悪目立ちの画像1
武豊騎手

「今日はそれ以前の問題で……」

 競馬界のレジェンドも流石に今回ばかりはどうすることもできなかったようだ。

 13日、阪神競馬場で行われた12R・4歳上2勝クラスは内田博幸騎手の8番人気ゴダイリキが勝利。豪腕で知られる内田騎手でも、道中は抑えるのに苦労するほどの手応えから直線で進路を確保すると、一気に伸びて2着馬を差し切った。

 2着に6番人気、3着に5番人気と穴馬による上位独占で、3連単の払戻も66万円とかなりの高配当になった。そんな波乱の決着に一役買ってしまったのが、武豊騎手の1番人気シャークスポット(牡4歳、栗東・高柳大輔厩舎)だ。

 15頭で争われたダート1400m戦。レースはメイショウナリヒラが押して押してハナを譲らない構えを見せ、これにアールジオールが競り掛けるハイペースで進む。中団で脚を溜めていたシャークスポットにとっては絶好の展開となった。

 しかし、4コーナーで頭を高く上げる仕草を見せてスムーズさを欠くと、直線で前が開いてもジワジワと伸びるのみ。同枠の勝ち馬のような鋭い脚は見られず7着に敗れ、ファンの支持に応えることができなかった。

 レース後の武騎手は「本当は左回りの方がいい馬ではある」と、敗因の1つにコースを挙げた。本馬が馬券圏内に入ったJRAのレースは、全て東京や中京と左回りだ。高柳厩舎のスタッフは「久々の右回りですが、当時とは馬が違いますから」と戦前に話していたが、まだ苦手意識は解消されていなかったのかもしれない。

 だが、武騎手がコース以上に痛恨と感じていたと思われるのが、スタート直後に受けた不利である。同騎手は先述の「左回りの方がいい馬」に続けて「今日はそれ以前の問題で……」と語り、「向こう正面での不利が大きかった」と嘆いていた。

「脚元が芝からダートに替わった直後のシーンでしょうか。9番のアールジオールが先行争いに加わった際、レースの勝ち馬と接触しました。その煽りを最も受けてしまったのが、武騎手のシャークスポットです。進路が完全に塞がれてしまい、位置を後退させざるを得ませんでした。

そこから走りのリズムも悪かったように思えます。競走馬は繊細な生き物ですから、精神面でも影響があったかもしれません。不利が無ければと武騎手が感じるのは自然だと思います」(競馬誌ライター)

 そして、レジェンドに図らずも痛恨の不利を与えてしまったのが、先日デビューしたばかりの鷲頭虎太騎手だ。

JRA 「今日はそれ以前の問題」武豊が危険騎乗にご立腹!? 同期ぶっちぎりの 「新人制裁王」が早くもランクインの悪目立ちのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合