NEW

パチンコ「2400発×208回ST」マシンを生み出した大手メーカー…激アツ分野で大注目のタイアップ機を発表!!

【この記事のキーワード】, ,

パチンコ「2400発×208回ST」マシンを生み出した大手メーカー…激アツ分野で大注目のタイアップ機を発表!!の画像1

 パチンコタイアップの歴史はSANKYOの『オロチョンパ』からはじまったが、2004年以降の現代パチンコ史においてもタイアップ機の方向性を決定づけたのはSANKYOであった。大ブームを巻き起こした『CR新世紀エヴァンゲリオン』である。

 1990年代のアニメブームを牽引し、社会現象になった同タイトルがパチンコ参戦。これを機に、実に様々なアニメ作品がタイアップ版権のラインナップに加わっていく。

 ただ、それは急激に舵を切られたわけではない。社会がアニメを容認していく過程に合わせ、徐々にその存在感を増していったように、ゆっくりとした歩みである。しかし、気がつけば日本もパチンコもアニメに囲まれていた。

 さて、SANKYOも『エヴァンゲリオン』の大ヒットによって、埋もれた宝石を乱獲するようにアニメゴールドラッシュの道へと急速に進むことはなかった。そして、もうひとつのビッグウェーブとなる2007年の『CRフィーバー創聖のアクエリオン』がきっかけとなり、アニメタイアップは加速していくのである。

『CRフィーバー機動戦艦ナデシコ』『フィーバー超時空要塞マクロス』を筆頭に2010年以降はリリースされる半分がアニメ作品へと変わっていった。また、取り扱う版権もより深さを増していき、アニメを知らないパチンコファンには「よくわからない」タイトルが並ぶことになる。

■ライトノベル発のタイアップ機が活躍

 そういったカテゴリのひとつに、ライトノベル発祥のアニメがある。もっとも有名なところでは『CRフィーバー涼宮ハルヒの憂鬱』であろう。ライトノベルもアニメ作品も記録的な大ヒットを飛ばす超人気作品である。

『ハルヒ』の前には2つのラノベアニメタイアップ機をリリースしている。『CRフィーバースレイヤーズREVOLUTION』と『CRフィーバーモーレツ宇宙海賊』である。

 最初に登場したのが『スレイヤーズREVOLUTION』。メインスペックは大当り確率が1/399.6となるマックスタイプのV-STで、208回転という超ロングSTと大当りの85%が2400発出玉の出玉性能が魅力の機種。ライトミドル・甘デジの兄弟機も揃え、人気を博した。

 次の『モーレツ宇宙海賊』は、大当りラウンドの振り分け役物抽選を使用した個性的な機種。4つの穴のあいたクルーンの入賞場所になってBIGかREGULARかを決定。振り分けパターンは複数あり、クルーンの発光色をわけることで多彩なパターンを実現した。

 そして、SANKYOの最新機種もラノベアニメタイアップマシンとなる。『Pフィーバーダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』、通称「ダンまち」と呼ばれる超人気作品がいよいよパチンコになって登場となる。

 本機の先行映像が公開され、「新ステージのハイミドル」「待望の高突入」「納得の高継続」「みんなに高報酬」「全ての人に最大限の恩恵がある」など、そこには刺激的な文字が踊る。

「マヂ神スペック」と自画自賛の自信作となっているようだ。スペックとしても評価が高かった『CRフィーバー涼宮ハルヒの憂鬱』と同じライトミドルアニメの系譜にあるコンテンツだけに期待しかない。

(文=大森町男)
<著者プロフィール>
羽根物によってパチンコの魅力にとり憑かれ、パチンコ雑誌を製作する編集プロダクションに入社。パチンコに関する記事作りや編集業務に携わる。編集長としてファン雑誌の制作に取り組むなどの経験を活かし、その後は携帯サイトやweb、動画コンテンツなど幅広いパチンコメディアに従事。現在はフリーランスのパチンコライターとして活動。パチMaxを中心に消極的に執筆の場を広げている。

【注目記事】
甘デジ「確変突入率100%×右10R比率も現実的」…苦手なアレも克服できそうな激アツ新台!!
パチンコ新台「約1/3.2で大量入賞」を実現させた超新星! 10万発マシンに続く快進撃に期待!!
パチンコ実戦「サクッと万発オーバー」ライトミドル屈指の“強スペック”マシンで遊タイム狙い!

パチンコ「2400発×208回ST」マシンを生み出した大手メーカー…激アツ分野で大注目のタイアップ機を発表!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合