NEW

JRA 覚醒したジャックドールを止めるヒントは「父」にあり!? 無敵状態のモーリスに土を付けた2頭の「共通点」とは

JRA 覚醒したジャックドールを止めるヒントは「父」にあり!? 無敵状態のモーリスに土を付けた2頭の「共通点」とはの画像1

 13日、中京競馬場で行われた金鯱賞(G2)。勝ったのは4連勝中で初めての重賞に挑んだジャックドール(牡4歳、栗東・藤岡健一厩舎)だった。

 昨年9月に1勝クラスを勝ってから破竹の勢いで勝ち進み、5連勝で重賞を初制覇。今回はG1勝ちのあるレイパパレやアカイイトを従えての勝利であり、走破タイムの1分57秒2は従来の記録を1.1秒も更新する破格のレコードとあって、一気のG1獲りというのも現実味を帯びてきた。

 ジャックドールの快進撃を見て思い起こされるのが、同馬の父・モーリスの姿である。

 4歳になった2015年1月に1000万下(現2勝クラス)を勝ち上がると、そこから連勝街道が始まる。3連勝でダービー卿CT(G3)を勝って重賞初制覇を成し遂げると、続く安田記念も制してG1を初制覇。その後はマイルCS(G1)も制して春秋マイル王となった。また、年をまたいで香港のマイルG1も連勝した。

 その後、連覇に挑んだ安田記念(G1)を2着に敗れて連勝は「7」でストップ。つづく札幌記念(G2)でも2着に敗れたが、天皇賞・秋(G1)で再び凱歌をあげると、ラストレースとなった香港カップ(G1)も勝利。有終の美を飾ってキャリアに幕を下ろしている。

 4歳になった2015年以降の戦績は驚異の【9-2-0-0】。香港での3勝を含むG1通算6勝と、まさに勝ち出したら手が付けられない状態だった。そんな父の前例があるだけに、その血を引くジャックドールの連戦連勝を目の当たりにして期待が大きく膨らむのは当然のことだろう。

 もし、歴史が繰り返すのであれば、ジャックドールの“倒し方”についてもモーリスの事例が参考になるのではないか……。【9-2-0-0】の「2」の部分を掘り下げてみると、そこにはある共通点があった。

 2016年の安田記念はロゴタイプ、同年の札幌記念はネオリアリズム。無敵に思われたモーリスに先着をしたのは、いずれも「逃げた馬」だったということだ。

 安田記念では掛かり気味に2番手追走も、ラチ沿いを逃げて自身よりも0.1秒速い上がりを繰り出したロゴタイプを最後まで捕まえきることができず。キャリア初の2000m戦となった札幌記念は、道中8番手から外を回って前を飲み込んで行ったが、またしてもラチ沿いで粘り込みを図るネオリアリズムにまんまと逃げ切りを許してしまった。

 ジャックドールは5連勝のひとつ目、1勝クラスのレースこそ逃げ馬を前に2番手で進めて勝ち切っているものの、以降のレースはすべて逃げる形での快勝。強力な逃げ馬を前に置いてレースをした経験はない。

JRA 覚醒したジャックドールを止めるヒントは「父」にあり!? 無敵状態のモーリスに土を付けた2頭の「共通点」とはのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  8. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声