NEW

JRA今じゃ珍しい「元返し」の単勝100円! マヤノトップガン “じゃない方”の阪神大賞典(G2)も凄かった、ナリタブライアン「7馬身差」圧勝劇をもう一度

【この記事のキーワード】, ,

JRA今じゃ珍しい「元返し」の単勝100円! マヤノトップガン じゃない方の阪神大賞典(G2)も凄かった、ナリタブライアン「7馬身差」圧勝劇をもう一度の画像1

 20日、阪神競馬場では天皇賞・春(G1)につながる重要なステップレースの阪神大賞典(G2)が行われる。

 15日現在、『netkeiba.com』の単勝予想オッズで1倍台前半の断然人気に支持されているのは、有馬記念(G1)2着以来の出走となるディープボンドだ。

 昨年のこのレースでは3番人気ながら、2着ユーキャンスマイルに5馬身差をつけて快勝。そのパフォーマンスが評価され、天皇賞・春では1番人気に推されたが、惜しくも2着に敗れた。悲願のG1制覇へ向けて、まずは今年の始動戦でいいスタートを切りたいところだ。

 1953年に創設されたこのレース。ディープボンドが昨年に続く勝利を挙げれば、史上6頭目の連覇達成となる。過去にそんな偉業を成し遂げた5頭のうちの1頭が、94年の三冠馬ナリタブライアンだった。

 ナリタブライアンの阪神大賞典制覇と聞いて、ファンの多くが真っ先に思い浮かべるのは96年のレースだろう。人気を分け合ったマヤノトップガンと4コーナー手前から並走する形でゴール前まで続いたデッドヒートは今も語り草となっている(結果はアタマ差でナリタブライアンが優勝)。

 一方で、95年のレースも違う意味でインパクトの強い一戦だった。

 前年に圧倒的なパフォーマンスで10年ぶりの三冠馬に輝いたナリタブライアンは、暮れの有馬記念も制し、向かうところ敵なしの状態だった。陣営は春の大目標を天皇賞に定め、阪神大賞典を始動戦に選択した。

 その年は1月に発生した阪神・淡路大震災の影響で、レースが行われたのは京都競馬場だった。オッズ板に示されたナリタブライアンの単勝最終オッズはなんと1.0倍。いわゆる「100円元返し」の鉄板馬だった。

 京都競馬場に詰めかけたファンのほとんどがナリタブライアンの勝利を疑わず、注目は「どう勝つか」「何馬身差で勝つか」であった。

 三冠馬の古馬初戦の注目度は明らかに高かった。それはレース映像を見ても分かる。関西テレビが放送した『ドリーム競馬』内のレース中継カメラは、最内スタートから中団前目につける三冠馬の姿を最初から最後までほぼ切れることなく捉え続けていた。

 実況を担当したのは杉本清アナウンサー。当然のごとくナリタブライアンの一挙手一投足を伝えた。

JRA今じゃ珍しい「元返し」の単勝100円! マヤノトップガン “じゃない方”の阪神大賞典(G2)も凄かった、ナリタブライアン「7馬身差」圧勝劇をもう一度のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合