NEW

JRA 春全休ダノンスコーピオンの安田隆行厩舎に「ドゥラメンテ級」秘密兵器登場!? 「2億5000万円」の期待馬に週末の雨も皐月賞(G1)出走を後押し

【この記事のキーワード】, ,

JRA春全休ダノンスコーピオンの安田隆行厩舎に「ドゥラメンテ級」秘密兵器登場!? 「2億5000万円」の期待馬に週末の雨も皐月賞(G1)出走を後押しの画像1

 皐月賞トライアルも残すは若葉S(L)とスプリングS(G2)の2つのみとなった。来週以降にも3歳中距離重賞の毎日杯(G3)が行われるが、近年の傾向から毎日杯を経た有力馬は皐月賞(G1)より、日本ダービー(G1)を目指すケースが増えており、今週末で大方の牡馬クラシック勢力図が固まることになるだろう。

 現時点でライバルを一歩リードしているのが、2歳G1馬に輝いたドウデュースとキラーアビリティの2頭か。

 ドウデュースは今年の始動戦となった弥生賞ディープインパクト記念(G2)で初黒星を喫したが、初めての2000mでも直線で脚を伸ばして2着を確保。いかにもトライアルらしい敗戦だったこともあり、本番でも十分期待できるはずだ。

 対するキラーアビリティは、皐月賞と同じ舞台のホープフルS(G1)を完勝している。本番はそれ以来のぶっつけとなるが、休み明けでも仕上げに定評のあるノーザンファーム系の馬だけに、大崩れする可能性は低いだろう。

JRA春全休ダノンスコーピオンの安田隆行厩舎に「ドゥラメンテ級」秘密兵器登場!? 「2億5000万円」の期待馬に週末の雨も皐月賞(G1)出走を後押しの画像2
ダノンスコーピオン 撮影:Ruriko.I

 一方で、その2頭と互角またはそれ以上のレースを演じたことのあるダノンスコーピオン(牡3歳、栗東・安田隆行厩舎)だが、早々に春のクラシックから脱落してしまった。

 同馬はデビュー2戦目の萩S(L)で、キラーアビリティとの直接対決を制した実績がある。また、朝日杯FS(G1)でドウデュースには敗れてしまったが、0秒2差と差のない走りをみせて、世代上位の素質馬であることを改めて示した。

 しかし、今年初戦となった共同通信杯(G3)では鞍上の川田将雅騎手曰く「いい頃の動きがまだできていない」「動きとすると、間に合っていない」という状況のなか出走。結果はデビュー以来最低の7着に沈み、レース後には立て直しに時間を要することが判明し、「春全休」の運びとなった。

 昨年のクラシックも無常な結果に散った安田隆厩舎としては、2年連続で苦しい状況へと追い詰められた。ホープフルSを制したダノンザキッドで2冠に意欲を示したが、皐月賞で15着に大敗した後の調教中に骨折が判明。無念の日本ダービー回避となっている。

 ダノンスコーピオン以外にクラシック出走馬がいないとなると、安田隆厩舎にとっては2年連続で期待馬がいながら“寒い”春を過ごすことになっただろう。

だが、その状況に待ったをかける存在になり得るかもしれないのが、今週末の若葉S(L)に出走予定のデシエルト(牡3歳、栗東・安田隆行厩舎)だ。

 本馬はデビューして2戦続けてダートを使われていた馬だが、実力は折り紙つきだ。デビュー戦を7馬身差で逃げ切ると、続く1勝クラス戦では武豊騎手が「ケンタッキーダービー(G1)に行きたい」と陣営に直訴するほどの好素材ジュタロウと対決し、勝利を収めた。

 デビュー以来、強い勝ち方で連勝を飾っているだけに若葉Sでも期待したいところだが、今回は脚元が芝へ替わるため、今回ばかりは厳しいとの見方が大半かもしれない。

 だが、血統的な背景からは、むしろ芝の方が合っているのではないかとの見方もある。

JRA 春全休ダノンスコーピオンの安田隆行厩舎に「ドゥラメンテ級」秘密兵器登場!? 「2億5000万円」の期待馬に週末の雨も皐月賞(G1)出走を後押しのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合