NEW

JRA「国際派トレーナー」大成功の秘密!?「ウマ娘」藤田晋氏、 所有馬が武豊鞍上で世界デビューも時間の問題か

【この記事のキーワード】, ,

JRA「国際派トレーナー」大成功の秘密!?「ウマ娘」藤田晋氏、 所有馬が武豊鞍上で世界デビューも時間の問題かの画像1

 今週末の中央競馬は3日間開催。土曜はファルコンS(G3)が行われ、日曜は阪神大賞典(G2)、スプリングS(G2)の2本立て。締めは月曜のフラワーC(G3)と重賞レースが目白押しだ。

 どのレースも多数の出走馬が控えており、各馬の馬主は週末を楽しみに待っていることだろう。

 その内の1人と思われるのが、大ヒット中の競馬アプリゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)でお馴染みの株式会社サイバーエージェント社長である藤田晋氏だ。

 昨年JRAの馬主に本格参入した藤田氏は、4重賞のうち2重賞に所有馬が出走予定となっている。内訳はファルコンSにデュガ(牡3歳、栗東・森秀行厩舎)、そしてスプリングSにドーブネ(牡3歳、栗東・武幸四郎厩舎)で、共に武豊騎手を鞍上に予定している。

 昨年のセレクトセールで高額馬を次々と落札して爆買いしたことで知られる同氏だが、現在デビュー済みの馬は5頭と意外にも少ない。しかし、その5頭全てが既に1勝以上しており、早くも馬主業でも大成功を収めつつある。

 デビュー済みの馬で1番有名なのは、やはりドーブネになるだろう。2021年の千葉サラブレッドセールで約5億1700万円(税込)の超高額で落札され、デビュー前から注目を集めた好素材。その期待に応えるように新馬戦、オープン特別と連勝し、朝日杯FS(G1)へ出走するまでに至った。

 しかし、ドーブネが稼いだ賞金額は現時点で2300万円ほど。高い能力を秘めていると思われるが、まだまだ自身の落札額を上回るには程遠い状況だ。

 その一方で、ドーブネより安い落札価格ながら賞金を稼いでいるのが、ジャングロ(牡3歳、栗東・森秀行厩舎)である。本馬は米国の競走馬セールにて日本円で約3100万円の価格で落札されたが、現在までにオープン特別級を2勝し約4700万円も稼いでいる。

 そして、藤田氏のデビュー済みの所有馬はドーブネを除いて、4頭全てがジャングロのように外国のセールで落札された馬たちなのだ。同氏が馬主で成功を収めている要因の1つは、まさに外国馬たちの活躍あってのものといっていいはず。

 そんな藤田氏の成功を影で支えていると考えられるのが、ジャングロらを管理している森秀行調教師だ。

JRA「国際派トレーナー」大成功の秘密!?「ウマ娘」藤田晋氏、 所有馬が武豊鞍上で世界デビューも時間の問題かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合