NEW

【パチスロ5号機回想】斬新な出玉システム搭載…突然始まる「小役の連打」が最大の魅力!!

【この記事のキーワード】, ,

【パチスロ5号機回想】斬新な出玉システム搭載…突然始まる「小役の連打」が最大の魅力!!の画像1

「男どアホウ甲子園」や「野球狂の詩」、2014年まで41年に渡って続いた「あぶさん」など、数々の作品を世に送り出した野球漫画の第一人者である故・水島新司。そんな彼の代表作をモチーフに据えたロデオの『ドカベンD』は、「ドカベンチャンス」なる斬新な出玉システムを搭載した5号機初期における名機のひとつだ。

 2006年に登場した本機はビッグ1、ビッグ2、このドカベンチャンスで出玉を増やす仕様。ドカベンチャンスは、突入すれば順押しフリー打ちで毎ゲーム15枚役が揃い、約221枚のコインを得られる仕組み(スベリコマ数の関係上、変則押しは非推奨)だ。

 突入時は成立から最大3G間、ドカベンチャンスの告知が発生しないのが最大の特徴で、契機役成立を見逃しやすいことも手伝って、プレイヤーには突然、発動したように映るというわけだ。

 このドカベンチャンス突入契機は「グローブ・リプレイ・グローブ」揃い。フェイク的な役割として「グローブ・グローブ・リプレイ」役も用意されており、こちらは29枚の払い出し(15枚役2回入賞)で終了する。

 これらボーナスは小役と重複する可能性があり、対象役はヘルメット、チェリー、1枚役の3種類。通常時及び先述したビッグ中の予告音発生時は、まず左リール枠上or上段に16番のBAR絵柄を狙い、上段にヘルメットが停止した時のみ中リールにも同絵柄を目押しすればOKだ。1枚役の取りこぼし時はチャンス目が停止する。

 巨大液晶「ドーナツビジョン」で繰り広げられる演出では原作の名場面が忠実に再現されており、「山田太郎vs不知火守」「殿馬一人vs犬神了」「岩鬼正美vs影丸隼人」といった連続演出への発展は期待大。アツい演出を伴っての小役成立の連続は、ドカベンチャンス告知発生の可能性が高まる。

 なお、このドカベンチャンスのシステムは、同社の次作『魁!男塾』におけるショートorロングと2種類ある突然ボーナス「愕怨祭」に受け継がれている。

【注目記事】
パチスロ「3万枚」も夢じゃない…伝説の最強マシンを実戦!!
甘デジ「万発ゲット率は最高峰」の爆裂タイトル…待望のシリーズ最新作が激スペックで始動!?
パチンコ出玉「16万発」の限界突破が炸裂! 強豪ひしめく爆裂戦線を制したのはアノ超大物!!

【パチスロ5号機回想】斬新な出玉システム搭載…突然始まる「小役の連打」が最大の魅力!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合