NEW

JRA 池添謙一「全額投資」も0円終了……大逆転負けにそら笑いも、随所に見られた勝負師たる由縁

【この記事のキーワード】, ,
JRA池添謙一「全額投資」も0円終了……大逆転負けにそら笑いも、随所に見られた勝負師たる由縁の画像1
池添謙一騎手

 現役屈指の勝負師で知られるジョッキーでも、ギャンブルでは持ち前の勝負強さを発揮できなかったようだ。

 16日、YouTubeチャンネル『ボートレース公式 BOATRACE official」にて『ボートレーススペシャルLIVE 大村SGボートレースクラシック 初日8R~12R』が放映された。この番組にゲストとしてJRAの池添謙一騎手がリモート出演した。

 番組冒頭で「ギャンブル好き」を公言した池添騎手は、ボートレーサーナンバーワンを決めるSGボートレースグランプリを昨年、現地で観戦するなどボートレース好きで知られている。同番組へ約2年ぶりのゲスト出演となった今回は、プラス収支を宣言していた。

 先日のフィリーズレビュー(G2)で初騎乗となったサブライムアンセムを勝利に導いたばかりの勝負師は、1R目から早速大勝負に出る。

 番組内では各出演者に軍資金2万円が支給されたが、池添騎手は何と最初から約半分の9600円を賭けたのだ。共演者から軍資金の心配をされるも、同騎手は「当てるんで大丈夫です」と余裕しゃくしゃくだった。

 肝心のレースだが見事、同騎手が本線で購入した3連単「2-346-346」が的中……するかに思われたが、何とラストターンマークで5号艇が3号艇を逆転したことにより、着順が「2-4-5」となり惜しくも不的中だった。

「コースを3周するボートレースですが、基本的に最初の1周で大方の着順が決まります。ですから、最終コーナーで逆転というのは、正直あまり見られません。池添騎手もまさかと思っていたことでしょう」(競馬誌ライター)

 的中を確信したのか、安心してレースを観戦していた池添騎手。ボートに詳しい共演者から「池添さんはもう安心して見ていられますね」とまで言われるほど、的中が目と鼻の先だった。

 それだけに最終コーナーでの大逆転劇には、池添騎手はただただ笑うことしかできず。いきなり出鼻をくじかれることになってしまった。

 いきなり軍資金の半分が消える最悪のスタートとなったが、このまま簡単に負けないのが勝負師・池添謙一である。2R目はプライベートでも仲良くしている丸野一樹選手を3着までにしか入れない、私情を捨てた8000円投資の勝負に出ると、見事的中。

JRA 池添謙一「全額投資」も0円終了……大逆転負けにそら笑いも、随所に見られた勝負師たる由縁のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合