NEW

JRA「スパルタ」森秀行師VS「馬なり」藤沢和雄氏!? 武豊×デュガがいざG1ロードへ「調教理論」は対極も真の目的は同じ?

【この記事のキーワード】, , ,
JRA「スパルタ」森秀行師VS「馬なり」藤沢和雄氏!? 武豊×デュガがいざG1ロードへ「調教理論」は対極も真の目的は同じ?の画像1
武豊騎手

 19日、中京競馬場ではNHKマイルC(G1)の前哨戦ファルコンS(G3)が行われる。

 17日現在、『netkeiba.com』の予想オッズでトウシンマカオに次ぐ2番人気に支持されているのが、武豊騎乗予定のデュガ(牡3歳、栗東・森秀行厩舎)である。

 昨秋の未勝利戦、1勝クラスを連勝したデュガ。年明けは1月下旬のクロッカスS(L)からの始動を予定していたが、感冒のため出走を取り消していた。

 その後は放牧に出ることなく、すぐに体調は回復。先月11日から今週16日の最終追い切りまで、なんと6週連続で坂路51秒0以下という好時計を叩き出している。

「最終追い切りを除く5回は、その日の3歳馬による一番時計をマークしました。前半から飛ばしていき、2ハロン目か3ハロン目に最速ラップを刻む森厩舎のいつものパターンですが、ラスト(4ハロン目)をほぼ12秒台にまとめており、好調を維持しているといえるでしょう」(競馬誌ライター)

 デュガを管理する森師は、坂路を中心とした「スパルタ派」の調教師として知られている。

「森先生は、かつて『坂路の申し子』と呼ばれたミホノブルボンを育てた故・戸山為夫調教師の下で調教助手を務めていました。坂路で速い時計を出す調教も、そんな“戸山流”を汲んでいます」(同)

 一方で、「スパルタ調教」とは対極にある「馬なり調教」で知られたのが、先月いっぱいで定年引退を迎えた藤沢和雄元調教師だ。

 藤沢氏がまだ駆け出しだった1980年代。当時は、調教でも目一杯に追われ、レースさながらの時計を出すのが当たり前とされた時代だった。

 そんな日本競馬界に、藤沢氏はイギリスでの修業時代に感銘を受けた「馬なり調教」を持ち込んだ。ところが当初は周囲にもなかなか理解されず、異端児扱いされたのは有名な話である。

 そんな藤沢氏だったが、90年代に入って徐々に結果を残すと、開業から6年目の93年に全国リーディングトレーナーに上り詰めた。その後も勝利を重ね、いつしか日本全体でも馬なり主体の調教が主流となっている。

JRA「スパルタ」森秀行師VS「馬なり」藤沢和雄氏!? 武豊×デュガがいざG1ロードへ「調教理論」は対極も真の目的は同じ?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合