NEW

JRAスプリングS(G2)2戦連続「レコード勝ち」の大器が評価急落!? G1大敗からの巻き返しで皐月賞(G1)への切符を掴む!

【この記事のキーワード】, ,
JRAスプリングS(G2)2戦連続「レコード勝ち」の大器が評価急落!? G1大敗からの巻き返しで皐月賞(G1)への切符を掴む!の画像1
サトノヘリオス

 20日(日)、中山競馬場ではスプリングS(G2)が行われる。皐月賞(G1)へ向けたトライアルレースの1つであり、3着以内に同レースの優先出走権が与えられる。

 昨年はフルゲート割れとなった皐月賞であったが、例年はフルゲートであるため今年も1冠目の出走をかけて熱い席取り合戦が繰り広げられることだろう。

 今年はいわゆる「直行ローテ」の馬が多いことから、賞金が複数の馬に分散している。必然的に皐月賞出走のボーダーが高くなっている状況だ。

 例年であれば、収得賞金900万円の2勝馬でも出走の目は残るが、今年は収得賞金2000万程度になるかもしれない。本来は皐月賞への「叩き」として出走してくる馬も、今年のスプリングSでは優先出走権を獲得すべく、目の色を変えて臨んでくる。こうした背景もあり、例年以上の好メンバーが集まっている。

 中でも注目したいのがサトノヘリオス(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)である。

 本馬はデビュー戦こそ4着に敗れたが、その後未勝利戦、エリカ賞(1勝クラス)を連勝。この2勝はいずれもレコードを記録しての勝利であった。

 続いて挑んだホープフルS(G1)では、2連勝の内容が評価され単勝3番人気に支持される。レースでは中団に位置取り、4角から大外を回して仕掛けるも伸びあぐねて結果は13着。レコード勝ちのエリカ賞から中1週の強行ローテ、さらに関東圏への輸送も相まってか、2連勝した力を発揮することはできなかったと考えられている。

 前走の大敗が影響してか評価は急落。ホープフルSでは人気の1角だったにも関わらず、今回は『netkeiba.com』の予想オッズでは単勝6番人気に留まっている。

 しかし、強行軍だった前走と比べ、今回は3か月の間隔を空けての出走となる。担当する厩舎スタッフも「状態はものすごくいいですよ」と胸を張っているように、巻き返しに向けて体制は万全だ。

 また、今回人気の中心と見られているアサヒ、アライバルといった重賞実績組は強敵であるが、見方を変えれば「重賞で勝ち切れなかった」馬たちである。一方でサトノヘリオスはホープフルS大敗の敗因は明確であり、まだまだ能力の底を見せていない。万全の状態で戦えば上位進出の可能性は十分にあるはずだ。

 前走大敗の無念を晴らし、クラシックの舞台への切符を掴めるか。サトノヘリオスの逆襲に期待したい。

(文=エビせんべい佐藤)

<著者プロフィール>

98年生まれの現役大学院生。競馬好きの父の影響を受け、幼いころから某有名血統予想家の本を読んで育った。幸か不幸か、進学先の近くに競馬場があり、勉強そっちのけで競馬に没頭。当然のごとく留年した。現在は心を入れ替え、勉強も競馬も全力投球。いつの日か馬を買うのが夢。

JRAスプリングS(G2)2戦連続「レコード勝ち」の大器が評価急落!? G1大敗からの巻き返しで皐月賞(G1)への切符を掴む!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合