NEW

JRA 今年のダービー馬も皐月賞(G1)ではなく裏街道から!? ノーザンファームお気に入り「ダービー予行演習」のG3が超豪華メンバー

【この記事のキーワード】, ,

JRA今年のダービー馬も皐月賞(G1)ではなく裏街道から!? ノーザンファームお気に入り「ダービー予行演習」のG3が超豪華メンバーの画像1

 26日、阪神競馬場では毎日杯(G3)が行われる。皐月賞(G1)トライアルには設定されていないものの、2017年の優勝馬アルアインを筆頭に、かつては皐月賞を狙う馬による最終便としての役割を担ってきた。

 しかし、毎日杯を挟んで皐月賞へ向かうローテーションは、中2週とやや強行軍に感じる。そのため、同レースは皐月賞の前哨戦の顔を持つ一方で、5月上旬に開催されるNHKマイルC(G1)の前哨戦の側面もあった。かつてはキングカメハメハやディープスカイなどが毎日杯、NHKマイルCと連勝を果たしている。

 だが、そんな毎日杯に近年“ある”変化が見られてきている。

 主にノーザンファーム系列の馬が、クラシック1冠目ではなく2冠目の日本ダービー(G1)に向けた前哨戦として同レースを使うことが増えてきたのだ。

 昨年のダービー馬でサンデーレーシング所有のシャフリヤールをはじめ、2着で同馬主のグレートマジシャンも、ダービーの前に毎日杯を使ってきた。さらに遡ると、2018年のブラストワンピースも同レースを使って賞金を上積みすると、皐月賞をスルーしてダービーに直行している。

 そして、今年もノーザンファーム系列は毎日杯を「ダービートライアル」のように扱ってきている可能性がありそうだ。1月のセントポーリア賞(1勝クラス)を圧勝し、同レースに参戦予定のクラシック有力候補ドゥラドーレス(牡3歳、美浦・宮田敬介厩舎)が最たる例である。

 ドゥラドーレスを管理する宮田敬介師は前走後「今後は様子を見てからだが、皐月賞よりもダービーから逆算して予定を決めていきたい」と、ダービーを目標としたローテーションを組むことを示唆した。その結果、次戦に決まったのが毎日杯。ノーザンファーム系列馬において、同レースはダービーを見据える上で使いやすいレースと捉えられているのだろう。

「毎日杯の舞台は阪神競馬場の外回りコースで、直線の長さも約470mと比較的長く、急坂があるため差し馬が基本有利です。例年スローペースで、瞬発力勝負になりやすい傾向があります。

日本ダービーは上がり3ハロンが34秒台で決着することが多く、切れる脚を求められます。つまり、毎日杯とダービーは求められる能力に共通点が多い。毎日杯はまさにダービー前の力試しにうってつけなレースといえます。

また、開催時期もダービーの約2ヶ月前と余裕がありますし、重賞なので2着までに入れば賞金加算ができます。ダービー出走可能な賞金まで上積みできれば、本番へ向けて外厩先で調整できますし、仮に負けても青葉賞(G2)などの本当のダービートライアルに切り替えればいいだけなので都合もいいのでしょう」(競馬誌ライター)

JRA 今年のダービー馬も皐月賞(G1)ではなく裏街道から!? ノーザンファームお気に入り「ダービー予行演習」のG3が超豪華メンバーのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合