NEW

大手セガサミー、「新たなキャリア支援」と「ウクライナ避難民」の受け入れへ

【この記事のキーワード】,

大手セガサミー、「新たなキャリア支援」と「ウクライナ避難民」の受け入れへの画像1
 万枚突破も狙える超6号機級のマシン『アラジンAクラシック』が好調なサミーや、世界的ゲームメーカーのセガなどの持ち株会社であるセガサミーホールディングスは3月9日、多様な人材が活躍できる就業環境の構築を目的として、「働く時間」や「働く場所」を選択できる「セレクトタイム制度」及び「セレクトロケーション制度」を導入すると公式HP上で発表した。

 同社はかねてより多様性への理解と尊重が新しいビジネスの創造に繋がるとし、ダイバーシティ経営に取り組んでいる。2019年には性的マイノリティの人が差別や偏見にさらされず、前向きに生活できる社会の実現を目的としたイベント「東京レインボープライド」への協賛を開始。2021年にはダイバーシティを含むサステナビリティについてグループ従業員のさらなる意識醸成と理解促進を目的とした社内イベント「セガサミー サステナブルウィークス」を開催するなど、社内外に向けた啓発活動を行っている。

 また、育児休暇期間の延長や介護休業中の金銭的サポートの実施、同性パートナーの各種制度の適用など、多様な人材が活躍できる就業環境も整備している。

 今回導入する制度は、さらなるダイバーシティの推進を目指して「働く時間」や「働く場所」を選択可能にすることで、育児や介護などによるキャリアの分断や望まぬ離職を防止。様々な背景を持った社員の活躍を支援するという。

 セレクトタイム制度は育児、もしくは介護短時間勤務の適用を受けられる社員が対象で、「所定労働時間を1日4時間~7時間の間で選択」「すきま時間を活用したフルタイム勤務(8時間)」のいずれかから選択可能(併用もOK)。

 セレクトロケーション制度は親の介護、配偶者の転勤、里帰り出産などの事情があり、常時リモートワークが可能な職種且つ会社の承認を受けた社員が対象で、地方におけるリモートワークを選択できる(月1~2回の出社)。 

 そんな同社は3月11日、グループ会社のフェニックスリゾートと連携し、ウクライナからの避難民をフェニックス・シーガイア・リゾートにて受け入れる方針を決定したことも発表した。

■ウクライナ情勢を鑑みた支援策も

 同社はウクライナにおける人道的危機に対して、寄付活動を行うと共に他の支援策を模索してきたそうだ。フェニックス・シーガイア・リゾートでは、3月2日に日本政府から発表された「ウクライナから日本への避難民受け入れの推進」を受けて検討を開始。リゾート施設として長期滞在にも適していることなどから、避難民の受け入れについて協力することを決めたという。

 今後、政府から要請があった場合には、飲食を含む宿泊施設や就業機会などの提供も検討しているそうだ。

【注目記事】
【パチスロ4号機~ストック機時代~】押し順に従うだけで「MAX711枚」… 大量獲得ストック機の元祖とも呼ぶべきマシン
パチンコ「電サポ190回×右ALL1500発」の激熱ライトミドル降臨! 新台分析-パチンコ編-
パチスロ新台「全てが完全自力」⁉ 1Gで2400枚も期待できる超荒波スペック爆誕!!

 

大手セガサミー、「新たなキャリア支援」と「ウクライナ避難民」の受け入れへのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合