NEW

JRA【スプリングS(G2)予想】武豊×藤田晋ドーブネは余裕の切り! 実績馬・評判馬に死角あり……狙える穴馬をピックアップ

JRA【スプリングS(G2)予想】武豊×藤田晋ドーブネは余裕の切り! 実績馬・評判馬に死角あり……狙える穴馬をピックアップの画像1

 今回は皐月賞(G1)の伝統のトライアルレース、スプリングS(G2)を予想していく。

いつものように過去10年馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていく。
朝日杯FS 5頭
ホープフルS(ラジオNIKKEI杯含む)、共同通信杯 各3頭
きさらぎ賞、ジュニアC(L、OP)、水仙賞(1勝クラス)、あすなろ賞(1勝クラス)、セントポーリア賞(1勝クラス)、フリージア賞(1勝クラス)、条件戦(1勝クラス) 各2頭
条件特別(1勝クラス) 3頭
クロッカスS(L)、未勝利戦 各1頭
となっている。距離が近いせいか、朝日杯組が最多。有力馬の始動戦が多い印象だ。共同通信杯組は権利取りと思いきや、3頭すべてが前走で連対しているので、皐月賞へ向けてもう一叩きといったところか。圧倒的に多いのが1勝クラスの特別戦を経由する馬。これらは権利取りに向けて大事な一戦というところなのだろう。

続いて人気順の成績を見てみる。
1番人気 2-5-2-1
2番人気 0-1-2-7
3番人気 3-2-0-5
4~6番人気 4-1-3-22
7~9番人気 0-1-1-28
10番人気以下 1-0-2-40
率で見ると1番人気は複勝率が9割なので一応信頼はできる。対して2番人気がとてもアテにできない。安定した成績を残しているのが3番人気と4~6番人気か。ただ、近5年で見ると1番人気はやはり安定した成績を残しているが、2番人気、3番人気もきちんと馬券に絡んでおり、ここの取捨がポイントになるだろう。


 これを踏まえて「◎」は1番ビーアストニッシドとする。

 前走は共同通信杯(G3)。逃げの手を打ち、1000m通過61.1秒とスローに落としてマイペースに持ち込む。直線でもよく粘ったが、後ろから来た2頭に交わされ3着に敗れた。

 この馬は2戦目の未勝利を勝ち上がって以降、3戦続けて重賞を使われて2着、4着、3着と勝ちきれないまでも好走しているあたり、それなりに非凡な能力の持ち主と言えよう。

 2走前のシンザン記念(G3)では好位に付ける競馬をしているが、基本は逃げるか番手につけて好走する馬。今回は同型馬がメンバーにいないこともあり、気分良くマイペースに持ち込めれば十分勝ち負けまであると見ている。

 重賞で連対している馬が他にも数頭いるが、その中にあって好成績を残しているにもかかわらず意外に人気していないところが狙い目。ここは軸で買ってもいいくらいだ。

JRA【スプリングS(G2)予想】武豊×藤田晋ドーブネは余裕の切り! 実績馬・評判馬に死角あり……狙える穴馬をピックアップの画像2
アサヒ 競馬つらつらより


「○」は人気の一角だが8番アサヒとしたい。

 前走は◎と同じく共同通信杯。こちらはスタートで大きく出遅れて最後方からの競馬を強いられた。結果、直線でよく追い込んできたが5着に留まった。

 まだ未勝利戦を勝っただけの1勝馬ではあるが、東スポ杯2歳S(G2)で2着に入るなど確かな実力を示している。前走も人気を背負っての出走だったが、敗れた原因は出遅れと明らか。陣営も出遅れさえなければ、と注文を付けている。

 実際、5戦のキャリアで3回出遅れ、うち1回はそれでも勝っているので前走のような大きな出遅れがなければ好勝負必至だろう。出遅れ癖はチューリップ賞(G2)を勝ったナミュールも抱えていたが、克服して勝利を飾っている。また、前走はプラス12kgと大幅な馬体重増となっていた。これも影響していた可能性がある。

 実績から考えても人気するのは確実だが、これは押さえざるを得ない1頭だろう。

JRA【スプリングS(G2)予想】武豊×藤田晋ドーブネは余裕の切り! 実績馬・評判馬に死角あり……狙える穴馬をピックアップのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合