NEW

JRA【高松宮記念(G1)展望】横山武史×レシステンシアVS池添謙一×メイケイエール! 牝馬2強の「一騎打ち」に割って入るのは「新・代打の神様」福永祐一!?

【この記事のキーワード】, ,
JRA【高松宮記念(G1)展望】横山武史×レシステンシアVS池添謙一×メイケイエール! 牝馬2強の「一騎打ち」に割って入るのは「新・代打の神様」福永祐一!?の画像1
レシステンシア 撮影:Ruriko.I

 いよいよ春のG1シリーズが開幕する。27日、中京競馬場で行われるのは春のスプリント王を決める高松宮記念(G1)だ。

 昨年の覇者ダノンスマッシュは、すでに現役を引退。昨秋のスプリンターズS(G1)を制したピクシーナイトは骨折で長期休養中となれば、主役はこの馬しかいないだろう。

 昨年の春秋スプリントG1で共に2着に好走したレシステンシア(牝5歳、栗東・松下武士厩舎)である。

 19年阪神JF(G1)を2歳コースレコードで制したレシステンシアだったが、それ以降G1では惜敗続きのまま2年以上が経過した。3歳春には桜花賞(G1)とNHKマイルC(G1)で連続2着。昨年は春秋スプリントG1に加え、前走・香港スプリント(G1)でも2着と、すさまじい“シルバーコレクター”ぶりを見せている。

 2年連続の1番人気が予想される今回は、鞍上に初コンビの横山武史騎手を迎える。栗東坂路で行われた1週前追い切りで初コンタクトを取ると、50秒1-11秒7の好時計をマーク。『サンスポ』の取材に対し、「想像していた以上に大きくて、その体をダイナミックに使う馬だなと思った。癖もないし感触はいい。スピードは一級品」と、その素質を高く評価している。

 昨年はG1・5勝を含めて重賞を9勝した横山武騎手だが、今年はまだチューリップ賞(G2)の1勝だけ。この春は大阪杯エフフォーリア、桜花賞ナミュール、皐月賞キラーアビリティと、人気馬でのG1ロードが続く。勢いをつけるためにも、まずはオープニングで勝利を飾りたいところだ。23歳の若武者は、レシステンシアに2年3か月ぶりとなるG1の美酒をもたらすことはできるか。

JRA【高松宮記念(G1)展望】横山武史×レシステンシアVS池添謙一×メイケイエール! 牝馬2強の「一騎打ち」に割って入るのは「新・代打の神様」福永祐一!?の画像2
メイケイエール 撮影:Ruriko.I

 そんなレシステンシアが最も警戒すべき相手は、メイケイエール(牝4歳、栗東・武英智厩舎)だろう。

 普段の調教などでは従順な優等生といわれるが、レースになると気性の難しさを露呈。騎手の制御を振り払うようなことを繰り返してきた。

 特に顕著だったのは昨年の桜花賞。代打騎乗を務めた大ベテランの横山典弘騎手をもってしても、まったく制御が効かず。道中で他馬に“大迷惑”をかける事態に。早め先頭に立ってからは落ち着きを取り戻したが、直線で失速。しんがり負けに終わった。

 その後はスプリント路線に狙いを定めたが、初戦のキーンランドC(G3)では1番人気を裏切り7着。スプリンターズSでは7番人気まで評価を下げていた。

 主戦を務めていた武豊騎手もお手上げ状態のなか、新たに鞍上に迎え入れられたのが「代打の神様」の異名を持つ池添謙一騎手だった。

 初コンビの一戦は、折り合いに苦労はしたものの、なんとか中団で我慢。先行有利な流れの中、直線で脚を伸ばして4着に食い込んだ。レース後、池添騎手は「力はあります。いかにリラックスして運べるかですね」「次に繋がる走りだった」と手応えを口にしていた。

 そして2度目の騎乗となった前走シルクロードS(G3)は、好スタートから課題の折り合いをクリアし、好位を追走。直線早めに抜け出すと、後続の追撃をしのぎきり、11か月ぶりの勝利をつかんだ。

 その後はノーザンファームしがらきでリフレッシュ放牧を経て、先月下旬に栗東へ帰厩。1週前追い切りは、池添騎手を背に栗東CWで4ハロン51秒5-11秒6を馬なりでマークした。「落ち着いていましたし、動きもよかった。悪くない雰囲気です」という池添騎手の言葉通りなら、悲願のG1初制覇も夢ではない。前走で本番と同じコースで勝てたことは大きなアドバンテージにもなるだろう。試行錯誤してきた陣営の努力が大舞台でついに結実するか。

JRA【高松宮記念(G1)展望】横山武史×レシステンシアVS池添謙一×メイケイエール! 牝馬2強の「一騎打ち」に割って入るのは「新・代打の神様」福永祐一!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合