NEW

【ドバイシーマクラシック(G1)展望】シャフリヤール、オーソリティらJRA勢5頭の大勢力! 外国馬筆頭格はBCターフ勝利のユビアー

【ドバイシーマクラシック(G1)展望】シャフリヤール、オーソリティらJRA勢5頭の大勢力! 外国馬筆頭格はBCターフ勝利のユビアーの画像1
シャフリヤール 競馬つらつらより

 現地時間26日、UAEのメイダン競馬場では『ドバイワールドカップデー』が開催される。その第8レースに組まれているドバイシーマクラシック(G1、芝2410m)を展望していこう。

 このレースが国際G1に昇格した2002年以降、日本馬が勝利したのは、ハーツクライ(06年)とジェンティルドンナ(14年)の2頭だけ。やや苦戦傾向にあるが、今年は超豪華メンバーがそろった。

 出走馬10頭のうち、日本馬はちょうど半数の5頭。最有力視されるのは、昨年の日本ダービー(G1)覇者シャフリヤール(牡4歳、栗東・藤原英昭厩舎)だろう。

 キャリア僅か4戦目でエフフォーリアを破り、世代の頂点に立ったシャフリヤール。その後は神戸新聞杯(G2)4着、ジャパンC(G1)3着と、勝利こそないが、前者は不良馬場、後者はその疲れが残っていた可能性が高く、見限るのは早計だ。フレッシュな状態で臨めそうな今回は現地での下馬評も高い。

 20日現在、有力ブックメーカーの一つ、『bet365』では単勝オッズ4.5倍の2番人気に支持されている。初の海外遠征で環境面の適応には不安も残すが、理想の瞬発力勝負に持ち込めれば、G1・2勝目を挙げるチャンスは十分あるだろう。

【ドバイシーマクラシック(G1)展望】シャフリヤール、オーソリティらJRA勢5頭の大勢力! 外国馬筆頭格はBCターフ勝利のユビアーの画像2
オーソリティ

 オーソリティ(牡5歳、美浦・木村哲也厩舎)も初のドバイ遠征だが、先月サウジアラビアで行われたネオムターフC(G3、芝2100m)を逃げ切っている。ドバイに転戦しての海外2戦目は距離を約300m延ばして臨む。

 これまで国内では2400m以上の重賞を3勝、3400mのダイヤモンドS(G3)でも2着しているように、距離は長い方がいい。また、2走前のジャパンCは斤量が2kg軽かったシャフリヤールに1馬身半先着しているのも心強い。慣れない海外での連戦で疲れさえたまっていなければ、再びシャフリヤールに先着できるはずだ。単勝オッズは5.0倍でシャフリヤールに続く。

 日本馬5頭の中で、最も海外経験が豊富なのはグローリーヴェイズ(牡7歳、美浦・尾関知人厩舎)だ。

 海外では3戦して、2勝2着1回とすべて連対を果たしている。ただし、3度の渡航はいずれも香港なので、“長距離遠征”は実質初めてといえるかもしれない。それでも海外の経験値はプラスになることは間違いない。

 7歳を迎えたが、キャリア17戦と使い込まれていないのも好材料。年齢による衰えは考えなくていいだろう。単勝オッズは9.0倍で5番人気タイとなっている。

【ドバイシーマクラシック(G1)展望】シャフリヤール、オーソリティらJRA勢5頭の大勢力! 外国馬筆頭格はBCターフ勝利のユビアーのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合