NEW

JRAスプリングS(G2)「無慈悲」スターターにファンは悲鳴!? 1番人気アサヒは皐月賞ほぼ絶望的……、ゲート以前に精神面の問題が顕著

【この記事のキーワード】, ,
JRAスプリングS(G2)「無慈悲」スターターにファンは悲鳴!?  1番人気アサヒは皐月賞ほぼ絶望的……、ゲート以前に精神面の問題が顕著の画像1
アサヒ 競馬つらつらより

 20日、中山競馬場で行われた皐月賞トライル・スプリングS(G2)は、岩田康誠騎手の5番人気ビーアストニッシドがアライバルの追撃をハナ差で凌いで勝利した。

 前日の若葉S(L)のインタビューのやり取りが物議を醸した岩田康騎手。3連勝でクラシック候補に名乗りを上げたデシエルトと同じく、2日連続で鮮やかな逃げ切り勝ちを決めた。

「1000mを61秒ぐらいで行けば、ラスト3ハロンから仕掛けて脚が残る。そこだけを考えていた」

 インタビュアーに逆質問して確認したラップに本人も納得のコメント。まさに作戦通りの“してやったり”といったところだろう。

 これに対し、不本意な結果に終わったのが、田辺裕信騎手とのコンビで1番人気の支持を集めていたアサヒ(牡3、美浦・金成貴史厩舎)である。

JRAスプリングS(G2)「無慈悲」スターターにファンは悲鳴!?  1番人気アサヒは皐月賞ほぼ絶望的……、ゲート以前に精神面の問題が顕著の画像2
田辺裕信騎手

 2番人気に推された前走の共同通信杯(G3)は、スタートで出遅れたことが災いし、直線最後方から追い上げたものの5着に敗退。これには田辺騎手も「ゲートがうまくいきませんでした。致命的な後れを取りました」と悔やんでいた。

 巻き返しへ金成調教師は「やれることはすべてやってきた」、田辺騎手も「調教ではだんだん行儀が良くなってきたので競馬に結びつけば」と期待していたものの、またしてもスタートで出遅れ。レースの流れに全く乗れないまま、11着に大敗してしまった。

「前回よりゲートの出は良かったけど、二の脚がつかなくてあの位置になった。じっとしていても仕方ないので上がっていったけど思ったほど脚が使えなかった」

 想定外の惨敗をそう振り返った田辺騎手だが、今回の出遅れはある意味起こるべくして起こった可能性も捨て切れない。

「各馬がゲートに収まった中で、アサヒは首を前後に上下して落ち着かない状況。これに気付いたのかスターターも数秒は待ってくれましたが、その後すぐにゲートが開かれてしまいました。おそらく待ち切れなかったのでしょうけど、アサヒ陣営にとってはもう少し待って欲しかったところでしょうね」(競馬記者)

JRAスプリングS(G2)「無慈悲」スターターにファンは悲鳴!? 1番人気アサヒは皐月賞ほぼ絶望的……、ゲート以前に精神面の問題が顕著のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合