NEW

JRA【フラワーC(G3)予想】注目馬スタニングローズは断然の消し! 穴人気の実力馬発見で高配当をゲット

JRA【フラワーC(G3)予想】注目馬スタニングローズは断然の消し! 穴人気の実力馬発見で高配当をゲットの画像1

 今週末は三連休ということで、JRAも変則開催となっている。今回は春分の日の月曜日に開催される桜花賞(G1)・オークス(G1)を狙う牝馬重賞・フラワーC(G3)を予想していく。

いつものようにまずは過去10年馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていく。
未勝利戦 6頭
条件戦(1勝クラス) 4頭
阪神JF、白菊賞(1勝クラス) 各2頭
フェアリーS、クイーンC、京成杯、アルテミスS 各1頭
条件特別(1勝クラス) 11頭
新馬戦 1頭
となっている。施行タイミングが微妙なところも影響しているのだろうが、前走重賞出走馬より条件戦を使ってこられた馬が断然多い。桜花賞まで中2週とやや厳しいローテーションだが、トライアルよりレースレベルが低いこのレースで賞金加算を狙って出走に漕ぎ着ける馬と、距離的にこの先のオークスへ向けて地ならしをしたい馬の両方がいるのだろう。

続いて人気順の成績を見てみよう。
1番人気 3-2-2-3
2番人気 3-2-1-4
3番人気 1-2-0-7
4~6番人気 2-3-3-22
7~9番人気 0-1-1-28
10番人気以下 1-1-2-53
となっている。1番人気と2番人気はそれなりに信用できる数字だが、3番人気は吟味が必要だろう。近5年に絞っても1~3番人気がすべて飛んだ年はなく、どれか1頭ないし2頭は必ず馬券に絡んでいる。数字にも表れているが、4~6番人気の馬が人気馬に割って入るというイメージだ。


 これを踏まえて「◎」は3番シンティレーションとする。

 前走は若竹賞(1勝クラス)。4コーナーまで粘った逃げ馬を直線で捉え、叩き合いを制して勝利している。

 走破タイムに見るべきものはないが、キャリア4戦のうち前走含む3戦が1800m戦で3走とも連対。残る1戦は2走前のアルテミスS(G3)で、こちらはマイル戦で6着に敗れている。わかりやすくマイル以上に距離適性があることをうかがわせる。

 さらに逃げ・先行・中団と位置取りに注文が付かず、どこからでも勝負できる脚質もこの時期の牝馬戦であれば有利に働くはず。人気の一角になるだろうが、ここでも軸として押さえたい。


「○」は穴っぽいところで2番パーソナルハイを推す。

 前走は阪神JF(G1)。中団に付ける競馬だったが、同じ位置取りだった2着馬とは対照的にあっさり馬群に沈んで16着と大敗。

 前走は大敗ではあったが、これは単純に力負けで、この時点でG1で通用する馬ではなかったということで度外視していいだろう。

 そんな本馬ではあるが、敢えて推すのはやはり距離適性。2戦目の未勝利戦と3戦目の未勝利戦はともに2000m戦で連対し、3戦目で勝ち上がっている。一方、デビュー戦と前走、2走前はマイル戦。デビュー戦は5着、2走前は2着と好走してはいるが、マイルより長い方が向いているのは明白。

 G1に比べて大幅にメンバーが弱化している上、距離も1800mとマイルより向いているだけに、ここで前走を覆す激走があってもおかしくはない。

JRA【フラワーC(G3)予想】注目馬スタニングローズは断然の消し! 穴人気の実力馬発見で高配当をゲットのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合