NEW

【ドバイワールドC(G1)展望】昨年2着チュウワウィザードに立ちはだかる米国勢の壁!? 人気ライフイズグッドは初距離で真価問われる

【ドバイワールドC(G1)展望】昨年2着チュウワウィザードに立ちはだかる米国勢の壁!? 人気ライフイズグッドは初距離で真価問われるの画像1
チュウワウィザード

 現地時間26日、UAEのメイダン競馬場では『ドバイワールドカップデー』が開催される。最終第9Rに組まれているのはドバイワールドC(G1、ダート2000m)だ。早速レースを展望していこう。

 今年は10頭が出走を予定しているが、日本馬は1頭だけとなった。昨年2着の雪辱を果たすべく、再び海を渡ったのはチュウワウィザード(牡7歳、栗東・大久保龍志厩舎)だ。

 昨年と今年の大きな違いは、そのローテーション。昨年は2月のサウジCで年明け初戦を迎えたが、海外初レースで9着に敗れた。その後ドバイへ転戦し、約1か月後の好走につなげている。

 一方、今年は国内の川崎記念(G1)から始動。単勝1.2倍の圧倒的人気に4馬身差の完勝で応えると、そこから約2か月の間隔を空けて本番に臨む。

 昨年、唯一先着を許したミスティックガイドはケガのため不在。そうなれば、チュウワウィザードが最有力候補に推されてもおかしくはないが、有力ブックメーカーの1つ、『bet365』の21日現在の単勝オッズは21.0倍で7番人気タイという評価にとどまっている。

 低評価の理由はおそらくメンバー最高齢タイの7歳という年齢もあるだろう。ちなみに7歳以上のキングカメハメハ産駒はJRA平地G1で通算「0-1-0-32」という壁が存在する。また、現地で高く評価されている馬は4歳世代が中心。チュウワウィザードが昨年以上の結果を残すためには、そんな新興勢力を跳ね返さなければならない。

 そんななか、単勝オッズ1.9倍の1番人気に支持されているのは、通算7戦6勝の戦績を誇るライフイズグッド(牡4、米・T.プレッチャー厩舎)である。

 19~21年北米リーディングサイヤーのイントゥミスチーフ産駒という良血馬で、唯一の敗戦がG1初挑戦となった4走前の1400m戦だった。

 その後は1600m、1800mへと距離を延ばして、目下3連勝中と勢いに乗る。圧巻だったのは前走のペガサスワールドC(G1、ダート1800m)だった。最大のライバルと目されたのはニックスゴーで、G1・5勝の名馬にとってのラストランだった。

 2頭のハナ争いが注目されたが、スピードの違いでライフイズグッドがあっさりと先頭に立つ。道中はハイラップを刻むと、最後までそのスピードは落ちることがなかった。結局、ニックスゴーに3.1/4馬身差をつけてゴールイン。最初で最後の直接対決であっさり世代交代を成し遂げた。

 前走の内容から、ここでもハナを奪って粘りこみを図ることになるだろう。不安要素を強いて挙げるとすれば、初めてとなる2000mか。絶対的な武器であるはずの天性のスピードが諸刃の剣となる可能性もゼロではない。

【ドバイワールドC(G1)展望】昨年2着チュウワウィザードに立ちはだかる米国勢の壁!? 人気ライフイズグッドは初距離で真価問われるのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合