NEW

JRA遅れて来た「超大物」に福永祐一は嬉しい誤算!? 無敗馬VSドゥメンテ産駒の期待馬、避けられぬ「鞍上問題」で2頭の評価に微妙な温度差

JRA遅れて来た「超大物」に福永祐一は嬉しい誤算!? 無敗馬VSドゥメンテ産駒の期待馬、避けられぬ「鞍上問題」で2頭の評価に微妙な温度差の画像1
福永祐一騎手

 21日、中京競馬場で行われたメインレースの名古屋城S(OP)は、福永祐一騎手の1番人気グロアリムンディ(牡4、栗東・大久保龍志厩舎)が優勝した。

 オープン昇級初戦ながら、単勝1.9倍の圧倒的人気に応えたグロリアムンディは、これで4連勝。ゴール前の脚色にもまだ余裕があり、次は重賞への出走も視野に入るだろう。

「良いスタートを切って、完勝でした。これからも楽しみです。競馬に関して言うことはありません」

 2着メイショウドヒョウに2馬身の差をつける快勝を振り返った福永騎手のコメントにもパートナーに対する絶大な信頼が見え隠れしている。

 それもそのはずだ。何しろグロリアムンディは、昨年のクラシックで福永騎手のパートナー候補に挙げられていたほどの期待馬だったのだから……。

 前走はC.デムーロ騎手、2走前はM.デムーロ騎手に手綱を譲ったとはいえ、それは12月に遠征した香港スプリント(G1)で落馬したのが原因。実際、それ以外はデビューから手綱を取り続けている福永騎手にとって、かなり思い入れのある馬ということだろう。

 また、主戦の期待に反して1勝クラスでさえ、足踏みが続いていたグロリアムンディに再びスポットライトが当たるきっかけとなったのは、昨年12月にそれまでの芝からダートに矛先を転じたことだ。

 初ダートとなった1勝クラスの2000m戦を4馬身差で勝利すると、それまでの低迷がまるで嘘だったかのようなトントン拍子で階段を駆け上がる。4連勝目を飾った名古屋城Sは、これまでと一味違う強力メンバーが揃っていたが、全く問題にしなかった。ダート“無敗馬”の勢いはまだまだ止まりそうにない。

 ただ、これと同時に福永騎手にとって嬉しい誤算となりそうなのが、ダート路線で評価の高いもう1頭のお手馬、バーデンヴァイラーの存在である。

 こちらは現在3連勝と快進撃を見せているドゥラメンテ産駒の期待馬。6日に中山競馬場で行われた総武S(OP)を福永騎手とのコンビで圧勝したばかり。いずれもダートの中距離路線を歩んでおり、ゆくゆくは同じ路線を歩む両馬ならいつかは顔を合わせるはずだ。

 来るべき日が来た時に、福永騎手がどちらを選択するのかは非常に興味深い。

JRA遅れて来た「超大物」に福永祐一は嬉しい誤算!? 無敗馬VSドゥメンテ産駒の期待馬、避けられぬ「鞍上問題」で2頭の評価に微妙な温度差のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合