NEW

JRA遅れて来た「超大物」に福永祐一は嬉しい誤算!? 無敗馬VSドゥメンテ産駒の期待馬、避けられぬ「鞍上問題」で2頭の評価に微妙な温度差

「個人的な見解ですが、おそらくグロリアムンディを選びそうな気がします。バーデンヴァイラーの勝利に福永騎手のコメントが少々淡白だったのが引っ掛かるんですよね。同馬は元々北村友一騎手が主戦を任されていました。

ところが、昨年5月の落馬で騎乗出来なくなったこともあって、福永騎手に出番が回ってきた経緯があります。福永騎手が落馬による療養中に他の騎手が騎乗したところは似ていますが、コメントに温度差は感じました」(競馬記者)

 確かにそういわれてみれば、「これからも楽しみ」「競馬に関して言うことはありません」と、最大級にも思える誉め言葉が並んだグロリアムンディの名古屋城Sの勝利。これに対し「強かったです」「最後まで集中して走っていました」と振り返ったバーデンヴァイラーの総武Sの言葉は物足りない印象も残る。

 一部の切り取りではあるが、自身の想像を上回る走りをしてくれたというニュアンスが強かったのは、グロリアムンディの方かもしれない。

 ただ、バーデンヴァイラーも2走前の摩耶S(3勝クラス)で3馬身突き放したウィリアムバローズが、名古屋城Sが行われた同日の中山10R韓国馬事会杯(3勝クラス)で6馬身差の大楽勝を決めており、相対的に評価が上がっている。

 グロリアムンディ、バーデンヴァイラーどちらも遅れて来たダートの大物候補であることは間違いないだけに、遅かれ早かれ訪れる直接対決を楽しみに待ちたい。

(文=黒井零)

<著者プロフィール>
 1993年有馬記念トウカイテイオー奇跡の復活に感動し、競馬にハマってはや30年近く。主な活動はSNSでのデータ分析と競馬に関する情報の発信。専門はWIN5で2011年の初回から皆勤で攻略に挑んでいる。得意としているのは独自の予想理論で穴馬を狙い撃つスタイル。危険な人気馬探しに余念がない著者が目指すのはWIN5長者。

JRA遅れて来た「超大物」に福永祐一は嬉しい誤算!? 無敗馬VSドゥメンテ産駒の期待馬、避けられぬ「鞍上問題」で2頭の評価に微妙な温度差のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合