NEW

パチンコ大当り「15/16で継続」の爆裂マシンを創造…スペックにこだわるメーカー激アツ新台にも注目!!

パチンコ大当り「15/16で継続」の爆裂マシンを創造…スペックにこだわるメーカー激アツ新台にも注目!!の画像1

 最新機種『ぱちんこ キン肉マン3 キン肉星王位争奪編 友情シルバー』がライトミドルながら驚異の90000発出玉を記録するなど、爆裂機マシンに定評のある京楽産業.。

 その昔、バトルスペックにおいて一世を風靡した『CRウルトラセブン』でホールを席巻したものであるが、さらに過去を振り返っても爆裂、出玉に対するこだわりが見て取れる。

 たとえば『たぬ吉くん』。オールドファンが夢中になって打った名機であるが、羽根物としては類まれな出玉性能も人気を支えた要素である。1、2、3、4、5、15ラウンドと6種類のラウンド振り分けが存在し、そのほとんどが5ラウンド以内であった。

 15ラウンドとなる「V」の出現率は1/17と激低だが、1度「V」を引き当てれば以後、3回の大当りですべて「V」表示が約束されるのである。15ラウンドではだいたい1300発ほどの出玉となるので、計4回で5200発にもなる。

 実際は次の大当りを引くための打ち込み分などによって少なくなるが、それでも羽根物には規格外の出玉感。そこらのデジパチよりも爆裂性が高いスペックなのである。

 この『たぬ吉くん』の後継機として有名なのが『玉ちゃんファイト』であるが、コンセプト的な後継機でいえば、先に登場した『ボンバーキャット』を忘れてはならない。

 ラウンド振り分けはミサイル(1ラウンド)、サカナ(3ラウンド)、ネコ(5ラウンド)、V(15ラウンド)の4つで、その確率は1/16と以前とほぼ変わらない。しかし、「V」出現後の破壊力は『たぬ吉くん』を遥かに凌駕するものとなっている。

 それを可能にしたのが時短性能。「V」当選後はミニデジタルが短縮変動するうえに電チューの開放時間も大幅にアップし、出玉を減らすことなく次のV入賞に臨める。まるでデジパチの電サポモードである。

パチンコ大当り「15/16で継続」の爆裂マシンを創造…スペックにこだわるメーカー激アツ新台にも注目!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合